2012年12月02日 13:52

「ある意味すごい大物だった…」最高の釣り写真が人気に

 

釣れたもの00
釣り人にとって大物を釣ることは一番の楽しみでしょうし、釣ったら証拠や思い出として写真に収めたくなるものです。

「ある意味すごい大物だった」というタイトルで、海外サイトに投稿されていた写真が話題になっていました。

釣れたもの01
……ん?

何これ?

何かが泳いでる?

釣れたもの02
全頭船に引き上げられている図。

穏やかに休んでいます。

釣れたもの03
重いので運ぶときは手押し車で。

釣れたもの04
無事でよかったね。

って、確かに大物だ。

むしろ大物すぎる!

もちろんこれは釣れたというより救助したわけなのですが、アラスカのタク海峡で家族がクルージングしていたら、4匹のシカが真っ直ぐ泳いでやってきて、船の周りを「助けてくれ」と言わんばかりにくるくると泳いでいたのだそうです。

水は凍りつくように冷たくシカは弱っていたそうで、急いで引き上げる方法を考えなくてはいけなかったようです。

1匹につき40kgくらいあり、びしょ濡れだったことから作業も難航したようですが、無事に引き上げたあとはシカたちも休息できたようです。

シカが泳ぐことはかなり珍しいとのことです。無事に救出できたことで、ほのぼのストーリーとなりました。

その他の画像や詳細は以下よりどうぞ。
Alaska Quest Charters: Deer Story

Best day of fishing ever. Kinda...

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
1. 「ある意味すごい大物だった…」最高の釣り写真が人気に  [ 他力本願 ]   2012年12月02日 14:00
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。