2012年12月21日 08:44

中国の幼稚園、先生が児童とハグをするのに料金をとっていた

 

中国の幼稚園がハグ代を請求
「ハグ」”hug”というと、挨拶や愛情を表現するときに欧米でよく行われるジェスチャーのことですが、中国のとある幼稚園でも先生が児童にハグをしていたそうです。

そこまではごく普通の話ですが、なんとハグ代として料金を請求していたことが判明し、大きな波紋を呼んでいます。

中国東部にある揚州市の幼稚園で請求されていた項目には、ハグ代として月に80元(約1000円)があり、それにより子供たちが先生からハグをしてもらえるというもの。

ハグをしてもらえた子供たちは良い気分を得られると、幼稚園側から保護者に伝えられたそうです。

幼稚園によると、ハグによって子供たちが自信を持ったり、愛されていると感じたりすることから、このサービスは教育の質を上げるためのトライアルであるとのことです。

これに対し地域の行政局は「請求できる根拠がない」と述べており、また支払われた料金は保護者に返却するべきであるとして、調査をする構えを見せています。

教育の質をあげるのは大切ですが、さすがにハグの費用まで請求するのはどうかなと思いますね。

Outrage over Chinese kindergarten 'hug fee'

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。