2013年01月02日 18:38

いったい何があったの?「ワインボトルを開けようとして失敗した」

 

ワインの開け方に失敗00
ワインボトルのコルクを開けるには栓抜きが必要です。

無い場合は代用品を使ったり、他の工夫でどうにかすることになりますが、時折それで失敗する場合もあります。

ある残念な失敗の写真が、すごいと人気になっていたのでご紹介します。

ワインの開け方に失敗01
うわっ。

ぐっさりと下まで……ずぼっと突き刺さっています。

いったい何をしたらこうなるのか、この残念な結果に海外掲示板も盛り上がっていました。


●大丈夫。ちゃんと中身は出てくる。

●問題ない。これもいちおうワインを開けたと言える。

●コルク抜きへ投資することを、とりあえずは考えたほうがよい。

●将来のために言っておくが、ワインを飲むのにワインを殺さなくていい。

●どうせブドウはすでに死んでる。

●死んでるのは中だけだ。

●きっと金属的なテイストのワインになるだろうな。

●少なくとも壊していないだけいい。

●コルクがまるまる崩れて入ったワインほどまずいものはないからな。

●割れたボトルが入ったワインほどひどいものはないよ。

●経験あるなぁ。大学生活の初年度はどうだい?

●怒っているときだけ飲むのかい?

●あるいは殺意を感じているとき?

●あるいはのどがかわいているとき?

ワインを開けるときの失敗はみな経験しているようですが、欧米ではしょっちゅう飲むのにワインのコルク抜きが無いのも不思議に思いますね。

栓抜き無しでワインを開ける方法は、以下を参考ください。
こんな方法で開くんだ…コルク抜きが無い時のワインボトルの開け方(動画)

god damnit.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。