2013年01月13日 14:09

犬がライオンに間違われ通報騒ぎに…アメリカ

 

ライオンと間違えられる犬00
一般人がライオンを見る機会と言ったら、動物園にサファリパーク、あとはサーカスくらいのものでしょうか。

もし町中でライオンがうろうろしていたとしたら、もちろん大騒ぎになります。

アメリカにライオンの赤ちゃんががいると通報され、警察が確認したところ犬だったと言うニュースがありました。

ライオンと間違えられる犬01
こちらがライオンに間違われた犬のチャールズ。アメリカ・バージニア州のノーフォークで飼われているラブラドール・レトリバーとプードルのミックスだそうです。

ドミニオン大学のマスコットに似せて毛を剃られているために、小さなライオンに見えることがあるようです。

ライオンと間違えられる犬02
チャールズを見た通行人がライオンの赤ちゃんと勘違いし、警察に電話する騒ぎとなりました。

警察はバージニア動物園に連絡し、逃げたライオンがいないかどうか確認したところ、動物園側は2頭のライオンが園内にいると回答しました。

そこでライオン騒ぎを調べると、近隣のガーデンセンターで飼われている犬のチャールズだったことがわかったのです。また、警察によると同様の通報は今回が初めてではないとのこと。

確かに角度や明るさによっては間違えてられても不思議はない姿をしていますよね。たびたび通報されるのであれば、もう少しわかるような工夫をしてもいいのではないかと思います。

動いているところは、以下の映像をどうぞ。
Charles the 'lion' dog sparks 911 call in Norfolk, Va. - YouTube

Dog mistaken for baby lion prompts 911 call

ワンピース SCultures 造形王頂上決戦 vol.1 全2種セット
バンプレスト
売り上げランキング: 1,436

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 犬がライオンに間違われ通報騒ぎに…アメリカ  [ 他力本願 ]   2013年01月13日 14:53
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。