2013年01月16日 08:57

株取引で「プロ」「学生」「猫」が勝負、誰が1番儲けたか?イギリスで実験

 

株取引で「プロ」「学生」「猫」が勝負00
株で儲けようと思っても、なかなか簡単にいくものではありません。

イギリスで「プロ」「学生」「猫」の3グループに分かれ、それぞれに株取引をしてもらい、誰が1番儲けられるかの実験を行ったようです。

すると結果は……。

株取引で「プロ」「学生」「猫」が勝負01
結果から言いますと、なんと猫のオーランドが5542ポンド(約80万円)で堂々の1位。

新聞社の2012年のチャレンジとして3グループに分けて実施されたものだそうです。

1つ目のグループは顧客の売買注文を取り次ぐブローカーや企業のマネージャーで普段から株取引をしている、その道の専門家たち。2つ目のグループは学生、そして猫のオーランドが参加しました。

各チームは5000ポンドを株式市場で投資し、3ヶ月おきに別の株に変えることが出来ます。9月の終わりにはプロチームが497ポンドの利益に対して、猫のオーランドは292ポンドだったのですが、最終期に入ると平均4.2%の増加となり、合計5542.60ポンドで終えてプロチームを逆転しました。

株取引で「プロ」「学生」「猫」が勝負02
ちなみにプロチームは何十年もの経験を生かし、伝統的な株の選択方法だったのに対して、オーランドは気に入りのネズミのおもちゃを番号のマスの上に投げるというランダムな方法だったとのことです。

ちゃんと利益を出したプロの知識はさすがと言うべきで、学生よりも役立つものの、急な天候の変化や猫のランダムな選択には歯が立たないという結果に終わったようです。

しかし偶然とは言え、猫おそるべしですね。

Cat outperforms professional fund managers in share portfolio challenge

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. ここは酷いレインフェイカーですね  [ 障害報告@webry ]   2013年01月17日 23:59
気象を操作したいと願った人間の歴史紀伊國屋書店 ジェイムズ・ロジャー・フレミング Amazonアソシエイト by 昔から人類の夢だよね。そういう歴史を振り返りながら 人工降雨に関しての詐欺みたいなのが蔓延った話とか 気象操作の軍事利用などの歴史を振り返っている 結
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。