面白ネタ / zeronpa / URL
2013年01月17日 21:21

イラついたら負け…日常でよく見かけるイライラしがちな16の例

 

イラっとすること00
あなたは気が短いタイプですか、それとも少々のことには動じない冷静なタイプでしょうか。

「短気は損気」と言うように、物質的にどんなに豊かであっても怒ったりイライラしてばかりの人は、人生を楽しんでいるとは言えません。

日常でありがちなイライラしやすい16の例を用意しましたので、自分がどれだけ短気なのかチェックしてみましょう。

1.
イラっとすること01
マフィンや蒸しパンが、ラップ紙からはがれない時。

2.
イラっとすること02
シャンプーのポンプが、底に溜まった部分を吸い上げてくれない時。

3.
イラっとすること03
iPhoneのホームボタンが、よく見ると斜めになってることに気付いた時。

4.
イラっとすること04
リモコンの電池のフタをなくした時。

5.
イラっとすること05
ピスタチオの殻が割れてくれない時。

6.
イラっとすること06
鉛筆がきれいに削れてくれない時。

7.
イラっとすること07
Youtubeで「この動画は、お住まいの国では公開されていません」と表示された時。

8.
イラっとすること08
プルタブを開けるのに失敗した時。

9.
イラっとすること10
フタをはがすのに失敗した時。

10.
イラっとすること09
中の紙をはがすのに失敗した時。

11.
イラっとすること11
ソースの配分を間違えた時。

12.
イラっとすること12
ファスナーが引っ掛かった時。

13.
イラっとすること13
本のタイトルより著者の方が大きくて目立つ時。

14.
イラっとすること14
中カッコがきれいに書けない時。

15.
イラっとすること15
マンホールの向きが違うことに気付いた時。

16.
イラっとすること16
USBやコンセントプラグが大きくて、並べて挿せない時。


以上16点、いかがだったでしょうか。

ひとつもイライラしないと言うあなたは、とても安定した精神の持ち主と言えます。

もしイライラしまくりだったのなら……。ひとつ深呼吸でもして、肩の力を抜いてみましょう。

Important Problems to Tackle in 2013…

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。