2013年01月24日 22:55

まるで海竜リヴァイアサン…!? フランスの水辺に浮かぶ巨大なサーペントの骨

 

サーペントの骨00
フランス最大の大河であるロワール川の水辺に、旧約聖書に登場する海の怪物リヴァイアサンを思わすような、巨大な蛇型の骨が浮かんでいるそうです。

いったいこの正体は何なのでしょうか……。

1.
サーペントの骨01
実は、ロワール川を舞台に現代アートを展示するイベント「Estuaire2012」で披露された作品のひとつとのことです。

全長はなんと130mもあり、作品名は「Serpent d'ocean」(大洋の大蛇)。作者は中国人アーティストのHuang Yong Ping氏。

2.
サーペントの骨03
頭骨もリアル。

3.
サーペントの骨02
それにしても大きい……。恐竜の時代にでも迷いこんだ気分になりますね。

4.
サーペントの骨04
胴体部分。

5.
サーペントの骨05
正面からのアングル。

6.
サーペントの骨06
水が満ちていると、実在する海洋生物のように思えてきます。

7.
サーペントの骨08
波打っている時。

8.
サーペントの骨07
夜も幻想的。

9.
サーペントの骨09
イベント開催時期が終わった後も作品は残されているそうで、ちょっとした観光スポットになりそうですね。


西ヨーロッパの川としては珍しく、自然な流れの障害となるダムや水門は少ない。それにより、ロワール川では船による旅行を可能とし、田園風景や石灰岩の崖、童話の世界のような城の景観を楽しむことができるため人気が高い。
ロワール川 - Wikipedia

映像は以下よりどうぞ。
Le serpent d'ocean - YouTube
/p>

Serpent d'Ocean - Flickr

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。