2013年02月11日 22:27

旅先で行方不明になった猫、2カ月かけて320km先の自宅まで戻ってくる

 

320kmを旅した猫00
アメリカ・フロリダ州に住む老夫婦は、自宅から200マイル(約320km)離れたデイトナビーチを訪れていましたが、連れてきた猫のホリーが行方不明になってしまいました。
※東京駅 ─ 名古屋駅が340km)

懸命に探すもホリーは見つからず、悲しみに暮れる夫婦でしたが、2ヶ月経ったある日、自宅まで自力で歩いて戻ってきたそうです。

320kmを旅した猫01
ジェイコブ・リッチャーさん(70歳)と妻のボニーさん(63歳)は、自宅のがあるウェスト・パーム・ビーチから約320km離れたデイトナ・ビーチまで、愛猫のホリーを連れてやってきましたが、ビーチの花火におびえて猫が逃げてしまいました。

320kmを旅した猫02
ホリーには追跡用のマイクロチップが取り付けてありましたが、探索を続けるうちに途絶えてしまい、夫婦もきっとホリーは亡くなったのだろうとあきらめ、悲しみの帰路についたそうです。

「実の子供を失った気持ちだった」と語る夫婦。

320kmを旅した猫05
それから63日後、自宅前の路上にホリーはいました。足を負傷し、立つのがやっとの弱り果てた状態だったと言い、獣医に治療してもらったとのことです。

320kmを旅した猫03
ジェイコブさんは沿岸沿いを歩いてきたのではないかと予想していますが、ホリーがどうやって自宅にたどりつくことができたのかは、動物の専門家を不思議がらせています。

オオカミのように磁気を手掛かりにしているのか、または方向感覚や資格や音を頼りにしているのかもしれない、などの仮説があげられていました。

それにしても東京〜名古屋間に匹敵する距離を自力で歩いてきたとは、動物の持つ潜在能力には驚かされますね。

ニュース映像

Holly the Cat Treks 200 miles to Return Home

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(7)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。