2013年02月20日 09:08

さすがにこれはないよ…「ホテルの部屋がパンフレットと違った」という写真

 

カンボジアのホテル00
パンフレットやチラシなどは宣伝のために、いくぶん写真や文章がおおげさになっていることは、よくある話です。

しかしカンボジアのホテルに宿泊したある男性は、「さすがにこれはないだろう」という感想を抱いたそうです。

いったいどんな部屋だったのか、写真をご覧ください。

カンボジアのホテル01
カーテンの後ろには、いつまで経っても日の差し込まない窓……。つまりはただの「壁」です。 写真と実際の雰囲気がかけ離れていることは多いにせよ、さすがにこれはガックリすることでしょう。

海外掲示板には多くの同情が寄せられていました。

●カンボジアにいるなら、その壁がセキュリティじゃないのか。

(本人)廊下で火事が起きないことを祈るよ。

●↑壁を突き抜けるチャンスもある。もちろん外壁の材質にもよるが、生死を分けるようなときは壁を蹴り続けるんだ。同じことが部屋と部屋の間の壁にも言える。

●自分はカンボジアに住んでいるけど、君はどこに泊まったのかな?

(本人)プノンペンだけど明日にはもう出発だ。もっと居たいけど仕事なんだ。

●窓から壁の景色が見える部屋なんだよ。

●こういうときのためにフォトショップがあるんじゃないか。ゴー。

●普通の景色
カンボジアのホテル02


カンボジア・バージョン
カンボジアのホテル03


●自分もトライしてみた。
カンボジアのホテル04


●数年前に似たようなシナリオを経験したよ。窓がなかったわけじゃないが、窓の向こうは10センチしかなくて隣の壁だった。なのでフロントに「部屋を変えて欲しい」とお願いしたら、すばらしい景色の見える部屋と変えてくれた。怒鳴ったりえらそうにせず、優しくお願いしたからかな。

●ちょうどカンボジアから帰ったところだけど、妻と2人でベランダが3つもあるダウンタウンのホテルがたった35ドル(約3200円)だった。そんな壁だけの安ホテルに泊まるには、いくらかかったんだ?

(本人)25ドルだよ。泊まる予定じゃなかったからね。ただ火事になったときに逃げるところは欲しい。

●なんかこれを思い出した。
カンボジアのホテル05



カンボジアのホテル06


●壁をもうちょっと味のあるようにしたよ。
カンボジアのホテル07

フォトショップの手にかかれば、本当にそこに景色があるかのように見えるものですね。

さすがに火事のときの逃げ道だけは、考えておかないといけないようです。

I'm beginning to think our hotel in Cambodia was a little dishonest on their flyer about the amenities

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。