2013年02月24日 23:02

婚約者からもらったラブレターを刻み、自分たちの肖像画を描いたアート

 

ラブレターで肖像画00
イギリスで美術講師をしているJamie Poole氏は、詩などが書かれた紙を刻んで、大きな肖像画を描くアーティスト。

そんな彼が、この2年間に婚約者の女性からもらったラブレターの文字を刻んで、自分たちの肖像画を描いたそうです。

どんなアートになったのかご覧ください。

1.
ラブレターで肖像画01
こちらが、Jamieさん本人の自画像。すばらしい出来ですが、これだけだとどこがラブレターなのかと思うかもしれません。

2.
ラブレターで肖像画02
少し拡大すると……。

3.
ラブレターで肖像画03
文字がびっしり。「gift」や「bedroom」などの単語から、どんな手紙のやり取りをしていたのか想像させられますね。

4.
ラブレターで肖像画04
さらに拡大。

5.
ラブレターで肖像画05
こちらは婚約者のソフィーさん。

6.
ラブレターで肖像画06
同じように拡大していくと……。

7.
ラブレターで肖像画08
この2年間のやりとりの断片が見えてきます。

8.
ラブレターで肖像画07
髪の毛の1本1本が文章によって表現。

9.
ラブレターで肖像画09
製作中の姿


彼女としてもラブレターが新たにポートレートとして生まれ変わって戻ってきたら、最高に嬉しいでしょうね。

Portraits Created from Shredded Love Letters by Jamie Poole

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。