2013年02月25日 09:05

鉄の棒にしか見えない? その正体は巨大な顔の立体芸術

 

ネルソン・マンデラ氏の立体芸術00
こちらの黒い鉄の柱のようなもの、いったい何だかわかるでしょうか。

実は南アフリカの元大統領ネルソン・マンデラ氏の、顔を表した像なのです。

ネルソン・マンデラ氏の立体芸術01
ネルソン・マンデラ氏は、アパルトヘイト(人種隔離政策)の廃絶に貢献したことでも有名な人物。

ネルソン・マンデラ氏の立体芸術02
アパルトヘイトに抗議して1962年に投獄されてから50年迎えたことを記念して、昨年この像が建てられたのですが、見るアングルによって氏の顔が浮かび上がるようになっています。

ネルソン・マンデラ氏の立体芸術03
この立体芸術はヨハネスブルグのアーティスト、マルコ・シアンファネリ”Marco Cianfanelli”氏により作られました。

ネルソン・マンデラ氏の立体芸術04
獄中を象徴するかのように鉄製の棒50本で出来たこの作品は、実際にマンデラ氏が逮捕された場所に建てられています。

ネルソン・マンデラ氏の立体芸術05
像の名称は、捕われの身を意味する「キャプチャー」“Capture”。

ネルソン・マンデラ氏の立体芸術06
鉄棒1本の高さは約10メートルあるそうです。

ネルソン・マンデラ氏の立体芸術07
同じアーティストのその他の作品についてはこちらをどうぞ。

Impressive sculpture of Nelson Mandela, situated at the place where he was arrested in 1962

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 鉄の棒にしか見えない? その正体は巨大な顔の立体芸術  [ 他力本願 ]   2013年02月25日 09:53
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。