2013年03月01日 12:17

ヨセミテ国立公園の警備隊員「届いた手紙の中で1番のお気に入りがこれなんだ」

 

子供からの手紙00
アメリカには広大な国立公園が数多くあり、キャンプ場を始め、自然と触れあえる施設などが備えられています。

公園を守る、パークレンジャー“Park Ranger”と呼ばれる公園の警備隊員のもとには、お礼の手紙がよく届くそうです。

カリフォルニア州のヨセミテ国立公園のレンジャーが、「届いた手紙の中で、もっともお気に入りがこれなんだ」と海外掲示板に公開しました。

人気を呼んでいたその文面をご覧ください。

子供からの手紙01
たどたどしい子供の字で書かれた内容は以下の通りです。

「パークレンジャーの方へ

わたしはヨセミテ国立公園のジュニア・レンジャーです。
さいきんヨセミテに行ったのですが、ぐうぜんにも2本の小枝をもちかえってしまいました。

国立公園からは何ももちさってはいけないことを知ってるので、おくり返したいと思います。ぜひこれを自然にかえしてあげてください。

ありがとうございます。
エヴィーより」

そして、手紙に添えられた2本の小枝。なんと微笑ましい手紙なのでしょうか。

この女の子からの手紙に対する、掲示板の反応をご紹介します。

●なんとかわいらしい。

●きっと君たちはその2本の小枝が見つかって、ほっとしたにちがいない。

(本人)もう捜索隊を出してあちこち探していたので、これで安心して寝られる。

●やっと自然に返せたんだね。それはよかった。

●2本の小枝〜!!という大警告ランプを見た気がした。よかったよ。

●小枝を紙にテープで貼るのは残酷だったな。亡くなったご先祖様にテープするようなものだからな。

●手紙の折り目と、枝のテープされた位置がおかしいのでレンジャーが怪しい!

(本人)なんて観察力なんだ。実は小枝はそのまま封筒に入れられていて、オフィスの壁に貼るために私がテープで貼った。

●↑え? じゃあその小枝を「自然に」返してないのか。いったい君はどんなパークレンジャーなんだ。

(本人)一時的に壁に貼ってるだけだ!! ちゃんと最後には自然に返すよ。約束する!

●「とるものは写真だけ、残すものは足跡だけ」

●自然に返した2本の小枝の写真を撮って、送り返してあげよう。

(本人)それは良い考えだ。そうすることにしよう。

●きっと、そうしたらこんな返事が来るよ。
「パークレンジャーの方へ
わたしが返した小枝の写真をどうもありがとうございます。でもそれはわたしが見つけた場所じゃありません。
私が見つけた場所は大きな木が片側に、大きな岩がもう片側にあって、どれか覚えていないけど登山道の近くです。正しい自然の場所にどうか返してあげてください。そうでないとずっと心配です。
エヴィーより」

自然を守りたいという小さなパークレンジャーの気持ちが伝わる手紙がかわいらしいと、多くの人がコメントをのこしていました。

パークレンジャーという仕事はかなり人気があり、実際にフルタイムの職を得るにはボランティアから始め、5〜10年くらいかかるそうです。

現代の世の中だからこそ、自然の中で仕事をするのに憧れる人が多いのかもしれませんね。

I am a ranger in Yosemite National Park and receive many letters from visitors. This is my favorite.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。