2013年03月05日 21:55

こんな面白いことが起きるんだ…ピンポン球を液体窒素に入れて瞬間冷凍させてみた(動画)

 

液体窒素にピンポン玉00
液体窒素は冷却剤として使用されることが多く、バナナを数十秒つけると釘が打てるほどカチカチに凍りつきます。

そんな液体窒素にピンポン玉を入れたら、どうなるか想像できるでしょうか。 溶ける? へこむ? 破裂する?

どれも違います。その答えは……映像をご覧ください。

10,000 rpm ping-pong ball - YouTube

液体窒素にピンポン玉01
なんと………。

黒マジックで書かれた部分が判別できなくなるほど、ものすごい高速回転をする、が答えでした。

でもこれだけだと、「なぜ回るの?」という疑問が残りますよね。

そこで調べたところ、以下の理屈のようです。
1. ピンポン玉に穴が開いていると、冷やされた内側の気圧が下がることで液体窒素が侵入。
2. 取り出された後は、内側の温度と気圧が上がっていき、穴から液体窒素が噴出されるため回転する。

なるほど、映像ではわかりにくいですが、おそらく小さな穴が開いていたようですね。

磁性流体ふしぎ観察キット
富士コスモ
売り上げランキング: 13,614

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。