2013年03月06日 09:34

イギリスから風船メールを飛ばしたら…なんとオーストラリアの民家に届いてビックリ

 

イギリスから飛ばした風船がオーストラリアに00
ボトルに手紙を入れて海に流して遠くの誰かに届けるボトルメールというものがありますが、同じ要領で風船に手紙を託す風船メールのイベントがイギリスの小学校で行なわれました。

すると驚くことに、地球のほぼ真裏にあたるオーストラリアまで届いていたことがわかったそうです。

イギリスから飛ばした風船がオーストラリアに01
飛ばされた風船は300個。2ヶ月前にイングランド中部のダービーにある小学校がスペシャルイベントとして、空に放ちました。

それぞれの風船には、どこから飛んできたのか判別できるように生徒たちの名前入りタグが付けられており、8枚のタグがオランダから、1枚がデンマークから返ってきたそうです。

外国から戻ってきたタグがあることだけでも感激したと言う生徒たち。そして2カ月が経過したある日、生徒の1人であるジョシュア・ブラッカビー君の元にも手紙が届きました。

開けてみると、「オーストラリアにある私が家の庭の木に、飛ばされた風船が引っかかっているのを見つけました」と、小さなミリ―という女の子からの返事で、地球の裏側まで到達していたことに驚きを隠せなかったと言います。

学校では、天気や風の向きなどの地理的な学習の取り組みや、いったい風船がどんな旅をして、何を見てきたのかという創作ストーリーなどを、生徒たちの課題にする予定とのことです。

風船はジェット気流に乗ったものと推測されていますが、学校側では、専門家などを呼んで詳細な説明をしてもらうことも検討しているそうです。

British schoolboy's balloon travelled 10,545 miles to Australia

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。