2013年03月06日 15:47

男が誘拐されたと自作自演、その理由は「しばらく彼女に連絡しなかったので、怒られるのが恐かった…」

 

男が誘拐されたと自作自演
誘拐は人の命が関わる重罪であり大きな注目を集めますが、まれに自作自演の狂言誘拐のニュースが報じられることがあります。

アメリカ・ニューヨークで、男が誘拐の自作自演をしたことが発覚して逮捕されたのですが、その理由は「2週間も彼女に連絡していなかったので、怒られるのを恐れたから」というものでした。

逮捕された男は、ラメル・ペットウェイ(36歳)。彼女と一緒に暮らす自宅には2週間も連絡を入れず、帰らずにいたそうです。

事件が起きたのは深夜1時10分頃、ペットウェイが2台の車の間にうずくまっているところを通行人が発見しました。手足と口はダクトテープで覆われ、ぼろぼろの姿であばら骨の痛みまで訴えていたそうです。

すぐに病院に搬送されたペットウェイは、当初「記憶がない」と伝えていましたが、後に「2人組の男に誘拐されて青いミニバンに乗せられた」、「目をすぐにふさがれ、引きずり回されたあげくに捨てられた」と、次々に証言を始めました。

ところが警察はこれらの供述に不審な点があると感じ、ペットウェイを追求。すると偽の誘拐であったことを自白したとのことです。

狂言誘拐を考えたのは、「連絡せずにいなくなっていたことを、彼女に怒られるが怖かったんだ」と自供しています。

彼女がよほど怖い女性なのか、それとも本人が情けないだけなのかは定かではありませんが、結局よりひどい目にあうことになるのは間違いなさそうです。

Nothing To Do With Arbroath: Man faked own kidnapping to explain two-week absence from girlfriend

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。