2013年03月15日 09:05

「スペースを節約のために、死者を立った状態で埋葬しよう」オーストラリア市議会

 

死者を立てて埋葬00
日本より遥かに広大な面積を持つオーストラリアですが、都市部の住宅地では必ずしも余裕があるとは限らないようです。

通常、死者の棺は寝かせた状態で埋葬されますが、スペース節約のため立った状態で埋葬してはどうかと、行政が計画を進めています。

死者を立てて埋葬01
土葬が主流の欧米では棺おけ単位で埋葬されるので、人が亡くなるたびにその分の面積を消費していくことになります。

そこでオーストラリア北部ダーウィンの市議会では、どんな方法で埋葬されたいかの希望を人々に聞くべきだとして、立った状態で足の先から埋葬する案についてのリサーチを開始しています。

その他にも水平に3人重ねる埋葬方法なども可能であるか、調査を進めているとのことです。

これらの方法は土地を有効に使う手段のひとつであると、オプションとして希望者を募るようです。

果たして今後、立ったままの埋葬スタイルは主流になるのでしょうか。そのうち座ったポーズだとか、最適化の方法がいろいろ出てくるのかもしれません。

Council move to bury the dead standing up or stacked in threes to save space

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。