2013年03月21日 09:05

そろってもないのに「ビンゴ」と叫んだ男に、今後6ヶ月間「ビンゴ」と言ってはいけないとの判決

 

ビンゴ禁止
一般的なビンゴ大会では、参加者は手持ちのカードの数字が一列にそろうと「ビンゴ」と叫んで名乗りを上げ、賞品などを受け取ります。

アメリカのケンタッキー州のビンゴ大会で、そろってもないのに「ビンゴ!」と叫んだ男が現れたことから会場は混乱。

その結果、治安紊乱行為として拘束され、「今後6ヶ月はビンゴと言ってはいけない」との判決が命じられました。

ビンゴ会場で、そろってもないのに「ビンゴ!」と叫んだことにより混乱を引き起こしたのは18歳の若者。

大半の参加者は年輩の女性だったそうで、偽の当選者が現れたことによりゲームの進行が遅れる羽目になりました。

初めは負けたと勘違いした参加者たちの悔しがる声やうめき声が聞こえ、そのビンゴが本物ではないとわかると、今度は怒声やはやし立てたる声で騒然となったそうです。

たまたま非番の警官が居合わせたことから若者は拘束されました。警官によると、「すぐに若者が謝罪をしていれば警告のみで解放しただろう」と述べていますが、若者が拒否したことから拘束に踏み切ったとのことです。

若者は「公共の場では何を言っても良い」といった考えを持っていたようで、警官はこれは映画館で火事でもないのに「火事だ」と叫ぶのに等しい行為だとも語っています。

しかしながら若者に前科がなかったことから、地方裁判所は6ヶ月の間「ビンゴ」と叫ぶことを禁じる判決を下したとのことです。

Man banned from saying bingo for 6 months

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。