2013年03月24日 14:00

「2歳児から目を離した直後、想像もつかないことになっていた」

 

2歳児から目を離した瞬間00
小さな子供に悪気はなくとも、ちょっと目を離したすきに何をするかわかりません。

「2歳のいとこのベビーシッターをしていて、トイレでほんの少し目を離した瞬間こうなっていた」という画像が海外掲示板に投稿され、おもしろいと話題に上っていました。

写真をご覧ください。

2歳児から目を離した瞬間01
!!!

!!!!!!?

いったいこれは……。

何とはあえて申しませんが、2歳児恐るべし。しかしながらこんな発想は、小さな子供でもないと出てきませんよね。

これに感心した人々が、いろいろコメントを残していました。

●2歳ってのは、何でもシールにしてしまうんだ。
紙?「全部なめてテレビに貼ろう」
アイスクリーム?「指の色塗りをしよう」
スイスから輸入したブランドのスピーカー?「指の色塗りを使ってのキャンバス」
といった具合だ。

●家をパッドに替えたいだけなんだよ。

●シールを子供といっしょにして放っておいた、君のせいだ。

●幼い頃にやってた水分吸収のCMでさえ、いったい何のことかわからなかった。

●昔からこれを一度くらいやってみたかった。しかし大学生としては貴重な資源を無駄に出来ない。

●これは2歳児をひとりでバスルームに放置してはいけないという教訓だ。

●自分がしたときは、2つをクロスさせて飛行機にした。

●無知で悪いけど、これって片側はこんな風にくっつくものなの?

●そうよ。片側は必ずくっつくようになってる。ソース:私は女性

●その2歳のいとこは背が高いね。

とりあえず2歳児は油断も隙もないことはわかりました。ベビーシッターは心してかかる必要があるということですね。

I leave my 2 year old cousin alone in the bath room for two seconds...

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。