2013年04月15日 10:09

映画に出てくる巨大モンスターを並べて比較すると…これだけ違う

 

映画のモンスター00
映画にはいろんなモンスターやら怪獣やらが登場しますが、人間を脅かす怖い理由のひとつに大きいからというのがあります。

とにかく人間よりずっと巨大であることはわかるものの、モンスター同士で比べるとどれくらい違うのかは、別々の映画を見ているだけではわからないものですよね。

横に並べた比較表がありましたので、ご紹介します。

※画像クリックで拡大
映画のモンスター01
小さい方から:
A:チャッキー (チャイルズ・プレイ)
B:西の悪い魔女 (オズの魔法使い)
C:ティラノサウルス (ロストワールド、キングコング、リトルフット、ジュラシックパーク1-3,トイ・ストーリー1-2、ナイト・ミュージアム、ルイスと未来泥棒)
D:キングコング (キングコング、キングコングvsゴジラ)
E:ランカー (スターウォーズep6:ジェダイの帰還)
F:メガトロン (トランスフォーマー)
G:50フィートの女性 (50フィートの女性の攻撃、モンスターVSエイリアン)
H:マシュマロマン (ゴーストバスターズ)
I:トライポッド (宇宙戦争)
J:ゴジラ (ゴジラ、キングコング対ゴジラ)
K:クローバー (クローバーフィールド)

なるほど!

……と、それを知ったところでどうと言うわけでもありませんが、ゴジラは結構大きいのですね。

映画では同時に出てこないので、これだけ差があることは把握しにくいものがあります。

あと海外掲示板には、映画制作のときの監督の感覚ひとつでサイズが決まったりするので、「実際の設定サイズと違う」と、異議を唱えたコメントもいくつかありました。

抜粋してご紹介します。

●キングコングがそんな小さいとは信じられない。

●いいか、キングコングはビルによじ登っていた。一方ゴジラはビルを踏みつぶしていたんだ。

●ゴジラは30階建てのビルと同じ高さだと思ったよ。(約300フィート/91メートル)
1992年に生まれ変わったときには100メートルだった。

●え?クローバーフィールドのモンスターは赤ちゃんだって?

●制作者のJ.J.アラン氏によると、「ベイビーで新しく、混乱していて、分別もなく、短気だ。そして水中の中に何千年もいたんだ」

●おい、トイ・ストーリーの1と2に出てくるティラノサウルスは、チャッキーより小さいだろ。

●オリジナルゴリラを見てこなくちゃ。1998年のしか見てないからな。

●ランカーがキングコングより大きいなんてありえない。

●ほら、彼はドアに殺されてたし……。

●ティラノサウルスはもうちょっと大きくていいし、キングコングのオフィシャルな身長は50フィート(約15m)だ。ランカーは15〜60フィート(4.5〜18m)の幅がある。
メガトロンと50フィートの女性は正しい。マシュマロマンは100フィート(約30m)で、ゴジラのサイズは明らかに間違っている。クローバーもウィキペディアによると25階建てのビルくらいでそれでもゴジラよりは小さい。

●50フィートの女性の姿勢がもうちょっと良かったら、多分65フィートくらいあっただろう。

正確な数字であるかは少し怪しいようですが、いずれにせよゴジラはが巨体であることには変わりないようです。

映画ではどれも恐ろしい巨大モンスターと思っていても、実際に比べるとずいぶん違うものですね。

Movie Monsters to Scale

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。