2013年04月21日 19:30

廃墟好きにはたまらない…ベルギー「ミランダ城」の朽ち果てた姿

 

ミランダ城00
ベルギー南部アルデンヌの森の奥深くに、今は廃墟となっているミランダ城があります。

1866年にイギリス貴族の家系であるボーフォート家によって建てられ、第二次世界大戦にも耐えると、1980年まで国有鉄道会社が孤児院として使用されました。

老朽化が進んだことで放棄され、今はすっかり廃墟となった姿をご覧ください。

1.
ミランダ城03
廃墟になったとはいえ、いかにもヨーロッパのお城といった雰囲気。

2.
ミランダ城01
庭を手入れされることも無くなり、すっかり干上がった池。

3.
ミランダ城02
時計台の高さは56m。

4.
ミランダ城04
上空から。

5.
ミランダ城06
屋根の上に登ったところ。

6.
ミランダ城05
深いアルデンヌの森を一望。

7.
ミランダ城07
壁には騎士の彫刻。

8.
ミランダ城09
しかし一歩建物の中に足を踏み入れると……。

9.
ミランダ城08
バイオハザードのような雰囲気に。

10.
ミランダ城10
生活感の残る部屋。黒板は孤児院で使っていたものかもしれません。

11.
ミランダ城11
吹き抜けになっているところ。

12.
ミランダ城15
台所のような雰囲気。

13.
ミランダ城12
トイレの洗面所だったところでしょうか。

14.
ミランダ城14
豪奢なホール。

15.
ミランダ城13
この辺の天井は半壊状態。

16.
ミランダ城16
遠目に見ると、これだけ美しいお城なだけに廃墟となってしまったのが惜しく感じられますね。

立派な建物であるほど、維持するコストも大変だと実感させられます。

A Hauntingly Beautiful Abandoned Castle in Belgium

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。