2013年05月02日 09:00

「45年ぶりに赤ちゃんが産まれた!」スペインの村

 

スペインの村で45年ぶりの赤ちゃん00
過疎化はどこの国でもある問題で、住民が老人ばかりになってしまった地域も少なくありません。

とあるスペインの村で、めでたく赤ちゃんが産まれたのですが、なんと実に45年ぶりであることが明らかになりました。

スペインの村で45年ぶりの赤ちゃん01
スペイン南部アンダルシア州のアルメリア地方にあるこの村は、住民が100名に満たない小さな集落。

イケルとベアトリスの若い夫婦は、「初めて産む子供を自然に触れさせたかったこと」、「両親の近くに住みたかったこと」の2点から、この地を選んだそうです。

ところが産まれてから調べてみると、村では実は1968年以降、ひとりも産まれていなかったことがわかり、ちょっとした騒動となりました。

人口調査で把握できている村人の数は60人ほどしかおらず、長らく出生がなかったことから、当然ながら人口は減少していました。

夫婦に赤ちゃんが産まれてからというもの、「とてもめでたい」と、村の年輩住民たちが、こぞって赤ちゃんをかわいがってくれているとのことです。

不便な面などもあるかと思いますが、皆から祝福される環境での子育てというのはメリットかもしれません。

Spanish village welcomes first baby since 1968

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 「45年ぶりに赤ちゃんが産まれた!」スペインの村  [ 他力本願 ]   2013年05月02日 09:54
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。