2013年05月13日 12:06

あの「コロンビア映画のオープニングロゴ」はこうして作られていた!…女神のモデルは意外な女性

 

コロンビア映画のロゴ00
コロンビア映画の配給する作品では、女神が大きなトーチをかざしているおなじみのオープニングロゴを目にします。

いったいこのモデルの女性は誰で、どんな風にして作られたのかご存知でしょうか。

かなり意外な、その制作経緯をご紹介します。

(画像引用元:Columbia Pictures logo

現在使われているロゴが以下のもの。

コロンビア映画のロゴ01

1992年からこのバージョンになったそうです。

そしてこの時のモデルを使った撮影風景が以下の写真。

コロンビア映画のロゴ02

ロゴの作者はアーティストであるマイケル・ディーズ氏で、彼のペイントワークなのだそうです。

撮影にあたって一番のポイントは、イメージぴったりのモデルを探すことだったそうで、何人も面接をしましたが、これと思う人は出会えずにいました。

そのことを新聞社に勤務する友人に相談すると、ぴったりの女性がいると新聞社に勤めているグラフィック・デザイナーのジェニー・ジョセフさん(当時28歳)を紹介してもらったそうです。

そして優雅で美しいジェニーさんにモデルをしてくれないかと昼食時に申し込んだところ、承諾してくれたそうです。

実際の撮影時間は2〜3時間だけだったそうで、白いシーツを巻き、普通のデスクランプに電球をつけて持ち上げてポーズを取りました。

彼女はそれまでモデルの仕事をしたことがなく、後にそのときすでに妊娠していたこともわかり、最初で最後のモデル業となったそうです。

「それから20年もの間、ずっと使われ続けるとは思いもよらなかった」と、ジェニーさんはインタビューで答えています。

誰もが何度も目にしてきたあの女神さまが、こんな大ざっぱな撮影だったこと、そしてわざわざ電球を持たせていたことにも驚きですね。

A 28 year-old Jenny Joseph modeling for what would become today's Columbia Pictures logo.

Kindle Paperwhite
Amazon.co.jp
売り上げランキング: 1 位

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。