2013年05月29日 09:00

「クレイジーすぎる…」イタリアのサッカーの試合でサポーターから押収されたものが注目を集める

 

ローマのサッカーのサポーター00
コンサート会場やスポーツのイベントなどでは、入り口で厳しく持ち物チェックをされることがあります。

先週末にイタリアで行われたサッカーの試合、ASローマ vs ラツィオ戦の前に、サポーターから押収されたものがクレイジーだと話題になっていました。

押収されたモノの写真をご覧ください。

ローマのサッカーのサポーター01
ぎゃあー!!

これは怖すぎ。押収どころの騒ぎではありません。

ローマとラツィオは、同じローマのチームとして激しいライバル関係にあるのですが、さすがにこれは戦争でも始まろうかという勢いです。

これに対する海外掲示板の反応をご紹介します。

●これはガーデニングでもする計画だったのか?

●「郷に入っては……」

●これらの武器が長い理由は、敵チームの観客席を隔てるフェンスごしに相手を突き刺すためだ。

●↑それなら単にフェンスから15mほど離れるだけでいいんじゃなくて? というのもバカな質問だったわね。

●長いポールに荷造り用テープは、最悪な方法のようにも思える。

●自分としては、ブブゼラが殺人斧に匹敵すると思う。

●ブブゼラを吹いてるやつに斧を使いたくなるんだろ。

●イタリアのグラディエイターがサッカー観戦に来ているとは知らなかった。

●なんてこった。自分はサッカーが好きで、ときには敵対心も起こるしケンカもいいと思ってるが、これは行き過ぎだろう。敵チームを好きというだけで、なぜ人を殺す可能性のあることが出来るのか理解出来ないね。

●試合が理由であって、人を攻撃する理由なんて最初からないよ。

●イタリア人として恥ずかしい。

●ローマ時代に戻ってるんだよ。

●ちなみに過去数十年でイングランドのフーリガンが用いたテクノロジー。
ローマのサッカーのサポーター02
(新聞紙を用いて作る一種の打撃武器
ミルウォール・ブリック - Wikipedia

実はこの両チーム、今年4月に行われたローマダービーでサポーター同士が衝突、6名が刺傷する事件が起きたばかりでした。

その遺恨から、こうした凶悪な武器を持ち込もうとしたようです。

とりあえず押収されたのはよかったのですが、こんなのがすり抜けたらと思うとゾッとしてしまいますね。

Just some stuff that the police confiscated from fans at this weekends big football match in Rome...

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。