2013年06月11日 10:59

「えっ?イギリス警察には紅茶を淹れるための車があるの!?」

 

紅茶の警察00
イギリスと言えば紅茶というほど消費量の多い国ですが、その紅茶愛は警察にまで影響しているようです。

なんとイギリス警察には紅茶支援の担当部署と、専用車両があると言うのです。

紅茶の警察01
うわっ、本当にあった!

専用車の名前は「ティーポット・ワン」

確かに警察の車両らしくなっており、警察の表示もあります。

紅茶の警察02
紅茶好きの英国人というのはよく知られたことですが、ここまでだったとはと海外掲示板のコメントも盛り上がっていました。

●間違いなく我々だ。(by 英国人)

●「よし、いいかい?紅茶を飲むんだ。それから一気に逮捕だ」

●だいたい毎時間のティータイムなしで、どうやって集中しろって言うんだ?

●法と秩序。

●なんていいヤツらなんだ。基本的なニーズをカバーしている。

●なぜ面白カテゴリにされてるんだ。ティに面白みなどはない、ティは大まじめな問題である。

●これがアメリカのボストンなら、ダンキン・ドーナツに相当する。

●田舎タイプもあるよ。
紅茶の警察04


●↑うちの村にはこれ。
紅茶の警察05

よそにもトラクターがあるとは知らなかった。

●「ティーポット・ワンがダウンしています。繰り返します。ティーポット・ワンがダウンです!」

●1945年以降のイギリスの戦車は、全て紅茶を作れるらしい。

●これはナンパするときに便利そうだ。
「仕事は何しているの?」
「ティーポット・ワンを運転しているんだ」

●イギリス人は紅茶に対しては真剣だ。それが理由でインドを侵略したくらいだからな。

●紅茶がなけりゃオリンピックのときの暴動に耐えられていない。

●「全てのティーポットに告ぐ。聞こえますか」

事件現場に駆けつけては紅茶を淹れてるかなと想像すると、紅茶好きも極まれりと言う感じです。イギリス人の8割に紅茶を飲む習慣があると言われ、毎日4〜5杯の紅茶を飲んでいる計算になるとのことです。

日本の警察にも、緑茶支援の車両があってもいいかもしれませんね。

British Police have a tea support unit

HARIO 茶茶急須 丸 700ml CHJMN-70T
ハリオ
売り上げランキング: 867

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。