歴史 面白ネタ / zeronpa / URL
2013年06月28日 20:35

60年間封印されていた、ひいおじいちゃんの収納箱を開けてみたら…すごいものが出てきた

 

ひいおじいちゃんの収納箱00
アメリカのあるお宅の屋根裏部屋から、この60年間誰も開けることのなかった、ひいおじいちゃんの収納ケースが出てきたそうです。

60年前というと1950年頃。つまり第二次世界大戦が終わって間もない時代になります。

さっそく錠前師に鍵を作ってもらい開けてみることにしたそうですが、果たしてどんなものが出てきたのでしょうか。

1.
ひいおじいちゃんの収納箱01
まず出てきたのは、ショットガンの弾薬作成キット。

2.
ひいおじいちゃんの収納箱02
お次は、8mmフィルム・エディター。

3.
ひいおじいちゃんの収納箱03
毒薬。

(2013/8/14)追記:こちらはアヘンチンキという薬だそうです。飲みすぎると危険のためPOISONと書く規定があるとのことです。教えてくださった方、ありがとうございます。


4.
ひいおじいちゃんの収納箱04
19世紀の硬貨。1つは1828年のペニー硬貨とある。

5.
ひいおじいちゃんの収納箱05
第二次世界大戦の証書。

6.
ひいおじいちゃんの収納箱06
戦時中の砂糖購入券。

7.
ひいおじいちゃんの収納箱07
南北戦争(1861〜1865年)のボタン。“GAR”の文字はアメリカ連合国軍“Grand Army of the Republic”(南部)を意味する。

8.
ひいおじいちゃんの収納箱08
おばあちゃん(ひいおじいちゃんの娘)が言うには、ひいおじいちゃんはこの本で性教育を学んだそうだ。おお、インターネット以前の人生よ……。

9.
ひいおじいちゃんの収納箱09
これはよくわからないけど……おそらくエッチなやつだと想像してる。


ぎょっとするような物騒なものから、プライベートを感じさせるものまでありますが、それはもう大事な宝物だったのだろうと思います。

戦後間もない頃や、自分の身は自分で守る文化ということもあるのでしょうね。

Great-Grandfather’s Locked Chest Holds Historical Treasures

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。