2013年07月04日 11:11

南米アマゾンの「違法な森林伐採」意外なアレを使って取り締まっていた

 

違法の森林伐採00
さまざまな環境問題が課題となっていますが、中でも森林破壊は地球規模で取り組んでいかなくてはならない問題です。

南米アマゾンでは伐採権なしに伐採を行う「盗伐」や、法令に違反した違法伐採も多いそうですが、ではいったいどのように取り締まっているのでしょうか。

その意外な方法とは……。

違法の森林伐採01
なんと熱帯雨林の樹木の中に携帯電話を埋め込んでいるそうです。

デバイスの大きさはトランプの箱くらいで、保護地域の樹木が切断されてどこかに運搬されると、位置情報のログが送信されるのだそうです。

位置情報はネットワークにつながった途端に送信され、違法な木材の売買を止めることが目的だと言います。

このテクノロジーはインビジブル・トラック(目に見えない痕跡)と呼ばれ、オランダのセキュリティ会社が主導しているとのことです。

木に埋め込まれる携帯のバッテリーは1年ほど持ち、密林の気候に耐えるように作られているそうです。

従来の衛星からの監視に比べ、リアルタイムに位置確認ができるメリットがあり、次世代のデバイスでは、さらに広い地区をカバーするものが導入される予定です。

携帯電話やGPSは安く広く普及しましたが、その恩恵は意外な分野でも発揮しはじめているようです。

How to Catch Illegal Logging in the Amazon?

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。