2013年07月07日 18:55

不謹慎だけど笑ってしまう…「彼女は楽観主義者だった」という墓石

 

楽観主義者の墓石00
墓石にもいろいろな形がありますが、故人をしのぶという点では共通しています。

アメリカにはユーモアを感じる墓石もあるのですが、「故人は楽観主義者であった」と彫られていました。

その理由というのが……。

楽観主義者の墓石01
こちらはドリス・マリー・スワードという女性の墓石。

1917年に生まれ、1999年に死去されたことがわかります。

面白いのが、彼女は2000年代まで生きる予定だったようで、あらかじめ「20〜」と途中まで彫り込んであったのが、惜しいことに1999年に亡くなってしまい、「20」の部分に打ち消し線が引かれ、その下に1999と新たに彫り直されています。

加えて、「彼女は楽観主義者だった」“SHE WAS AN OPTIMIST”と、ジョークのような文面が彫られています。

墓地で笑っては不謹慎かもしれませんが、さすがにこれにはくすっと来てしまいますね。

実際は、「19」と彫っておいたものの2000年代まで長生きしたケースが多いらしく、「19」を消して新たに彫り直す墓石が多いそうです。

しかし亡くなってから、誰かが自分の墓石を見てくすっとなってくれるのは、なかなか悪い気持ちはしないかもしれませんね。

Optimism only goes so far! (RIP)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。