2013年07月27日 13:40

どこにいるのかさっぱりわからない…かくれんぼの天才的な「いも虫」がいた

 

芋虫の保護色00
蛾や蝶の幼虫時代というと、成虫とは似ても似つかない、いわゆる青虫やいも虫の姿をしています。

動きはとても遅く、油断すればすぐに鳥などの天敵に食べられてしまいます。

そんな彼らが生き延びる確率を上げるため、自然と同じ保護色をしていることがありますが、とあるいも虫のかくれぶりがすごいと話題になっていました。

1.
芋虫の保護色01-1
何の変哲もない木の幹。端っこが切られているどこにでもある木の枝。

2.
芋虫の保護色01
近くで見ても、やはり普通の太目の枝のようですが……?

3.
芋虫の保護色02
うわっ。何かいる!!
このアングルから見て、ようやく何かいるらしきことがわかってきました。

4.
芋虫の保護色03
さらにアングルを変えてクロースアップ。またわからなくなってきました。

5.
芋虫の保護色04
この角度からだと少しわかりやすいかも。これはすばらしい自然との重なりかたですね。

保護色は食物連鎖の下に位置する者の知恵なのでしょうが、ここまで枝と一体化していると注意していても気づけそうにありません。

鳥たちにとっては何とか見つけたいごちそうだろうと思いますが、人間としては気づかずにうっかり触れてしまいそうなのが困りものですね。

I found a caterpillar today. Looking at the pictures, I really am not sure how.

逆転裁判5
カプコン
売り上げランキング: 1 位

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。