2013年08月07日 23:29

「こんな光景、南アフリカでしか見ないよ…」市街地がある動物に占領される

 

南アフリカの市街地で襲われるもの00
南アフリカといえば、ヨハネスブルクを始めとして治安があまり良くないことでも知られていますが、ケープタウンの市街地がある動物から「ゲリラ攻撃」を受けたそうです。

「こんなの南アフリカでしか見ないよ」と、驚かれていた光景をご覧ください。

1.
南アフリカの市街地で襲われるもの01
その動物とは、なんとヒヒ!

女性から食料を奪い取ろうとしています。

でもこの写真だけなら、日光のニホンザルと似てるなくらいに思うところですが……。

2.
南アフリカの市街地で襲われるもの02
ゲリラ兵!……というか、特殊部隊に襲われている感じです。

3.
南アフリカの市街地で襲われるもの03
なぜこんなことになっているかというと、もともと南アフリカではヒヒと人間は共存関係にあり、保護対象の動物なのだそうです。

しかしながら、住宅地の拡大によってエサ場を失ったり、ライオンやヒョウといった天敵もいない都市部にエサを求めるヒヒが増えているとのことです。

4.
南アフリカの市街地で襲われるもの04
経験豊かなヒヒが増えたことから、住居侵入のついでに、こうしてぬいぐるみを盗み出すことも。

5.
南アフリカの市街地で襲われるもの05
こちらはカーテンを持ち出しています。

6.
南アフリカの市街地で襲われるもの06
住民側もペイントボールや催涙スプレーなどで対抗しているようですが、知恵の働くヒヒだけに、いたちごっことなりそうです。

さすがに住居まで侵入されては休まる気がしませんが、共存を構築するのが難しいという悩みは、やはりニホンザルのケースと似ているかもしれません。

South African People are Victims of a Different Kind of Gang Attack…

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。