旅行 PR / coush / URL
2013年08月12日 11:00

疲れてる時に見ると危ない…!見ると全てを投げ出したくなってしまう、羨ましすぎる沖縄の日常

 


毎日生活のためにあくせく働き、通勤電車でラッシュに揉まれ、ちょっとした娯楽はスマートフォンでの暇つぶし。…都会ではありふれた生活スタイルですが、果たしてそれで幸せなのか、ふと疑問に思うことがあります。

ではそんな都会と180度真逆の生活ってどんなものなのでしょうか。

見たら今すぐ仕事を辞めたくなってしまいそうな、のどかで美しい沖縄の生活を、「 OKINAHOURS 」からピックアップしてみました。


沖縄北部にある、今帰仁村での乗馬の風景。


のどかな村の道を進むと…


果てしなく続く水平線。


たどり着いたビーチはもはや貸切状態。


えっ、海に入るの!?


ひゃー、気持ちよさそう…!


こんな景色が日常だなんて、羨ましすぎます。


渡名喜島では、ビーチで行われる水上運動会も。


こんな美しい海があるなら、わざわざプールなんて作る必要ないよね。


玉入れもビーチで。こんな運動会、大人だってやりたいよ。


…こんな無邪気で楽しそうな表情を、最後にしたのはいつだろう?


もちろん遊ぶばかりでなく、仕事もしなきゃいけない訳ですが、海の仕事の花形といえば、やっぱり漁師さん。


釣れたのは、高級魚のアカジン。


皮は剥かずに、炙って食べるのが沖縄流。


切り分けると…うひゃー、これにかなう刺身は都会のどこを探してもないでしょうね…。


料理店では、伊勢海老のウニ焼きなんて極上メニューも…じゅるり。


沖縄では、キャンプもまたひと味違います。やって来たのは無人島。


絶景を独り占めのキャンプ場。


夜のお楽しみは、満点の星空。街明かり一つない幻想的な景色。


目覚まし時計は、水平線から昇る太陽。


旅のお土産は、ビーチで取り放題の美しい品々。


こんな生活を見ると、幸せって何なのか改めて考えさせられますね。


ちなみに8月12日にリニューアルした OKINAHOURS は、こうした沖縄の夏の日常にスポットを当てた6つの特集を掲載。今回ピックアップした他にも、たくさんの魅惑的な写真が掲載されています。

またトップページも凄いことに。ここからページをスクロールすると…


スクロールと同時に、進み出す景色。

こんなサイト、見たことないよ…。


歩いてたどり着いた先は…うわっ、仕事中にこんな景色見せないで〜!


眺めていると、ふと本当の豊かさってお金とか物とかじゃないよね…なんて気付かされたりして。

気づけば当たり前のように過ごしていた、毎日あくせく働くだけの日々…。果たしてそれが自分にとっての幸せなのか、思わず考えさせられてしまいますね。

OKINAHOURS(オキナワーズ)|いつだって島は、ゆったり時間。

 

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。