2013年08月23日 11:09

「メジャーに移籍したばかりのイチローがランディ・ジョンソンに約束したエピソード」に絶賛のコメント…海外の反応

 

イチロー4000本安打
日米通算4000本安打という新たな偉業を成し遂げたイチロー選手。

日本とアメリカをまたいでの記録だけに評価の難しい面もありますが、アメリカでも祝福や称賛の声が上がっています。

現地メディアも大いに盛り上がっていますが、2001年のマリナーズ入団時に背番号51を与えられたときのエピソードが、海外掲示板で盛り上がっていました。

今でこそイチロー選手の代名詞ともなっている背番号51ですが、まだメジャーでの活躍を懐疑的な目で見られていた当時は、ふさわしくないとの声も少なくありませんでした。

なぜならそれまでマリナーズの51番と言えば、かつて在籍していたスーパースター、ランディ・ジョンソン投手の背番号でもあったのです。

批判を受けつつもオリックス時代と同じ51番をもらったイチロー選手は、ランディ・ジョンソン投手(その時はダイヤモンドバックス在籍)に対し、「この番号に恥じないようにする」という内容のメッセージを送ったそうです。

このエピソードを知り、海外掲示板ではイチロー選手を絶賛するコメントであふれていました。

抜粋してご紹介します。

●彼は一流だ。引退した後はルーキーたちに教えるべき。

(投稿者)↑賛同するよ。彼がいなくなると悲しいね。

●今のベースボール界で、最も一流の行いをしているひとりだよ。

(投稿者)他にも特筆しておくと、彼は(初年度に)凄まじいシーズンを過ごしたよ。ゴールデングラブ賞受賞、アメリカンリーグのMVPとルーキー・オブ・ザ・イヤーを取り、オールスターゲームに出場し、242本のヒット、盗塁を連発し、打率も2番目に高かった。

●レンジャーズファンだけど、最後のヒットはマリナーズで打って欲しいな。

●彼がヤンキースに移籍してしまったとき、友人が「オレの初めての車を最悪の敵に売った気分だよ」と嘆いていた。

●ヤンキースが今度のシリーズを勝つ希望があるとしたら、その理由はイチローだろう。

●ヤンキースのユニフォームを着ているイチローは、なんか違うと思ってしまう。

●マリナーズを去るときに、イチローはファンに手書きの手紙とバットとシューズを送ったんだぞ。
(参照:「イチローからプレゼントが届いた!」マリナーズ時代のファンへのサプライズに感激の声

●↑それを読んだとき、すごいやられたと思ったよ。

●↑その話を知らなかったよ。すでに尊敬の念でいっぱいなのに。それはすごい。

●↑それを見て涙が出た。

●野球でロマンチックになれないってことはないんだ。

●イチロー(とランディ・ジョンソンとマリナーズ)が大好きだ。本当にヤンキースに行ったときはさびしかった。彼は本当に努力と一流の模範例だよ。
ケングリフィーJrに贈った英語の応援ビデオレターが微笑ましかった!

イチロー、英語でグリフィス殿堂入りへの祝辞メッセージ - YouTube

●↑My Oh My(元マリナーズ専属アナウンサーの口癖のマネ)と言ったときに、泣きそうになったよ。

●マリナーズがうちの町にやってきたとき通訳をした経験があるが、みんなをマリナーズの試合に連れていったとき、イチロー選手はすごく親切で手を振ったりしてくれた。日本のプロ野球時代のリーグ記録もちゃんと計算に入れて欲しいと思う。

●どのチームが好きとか関係なく、イチローは優秀だよ。

●(ヤンキースに)移籍直後の最初の試合が古巣マリナーズとの試合で、彼がバッターボックスに立ったときに、敵となったはずの地元シアトルのファンからスタンディングオーベーションを受けていたね。
プロスポーツを見てきた中で、最もビター・スイートな瞬間だったよ。本当にすばらしい選手だ。

7/23/2012 ヤンキースイチロー初打席でスタンディングオベーション - YouTube

すでにレジェンドの声も多く殿堂入りの話も見かけますが、まだまだ現役で活躍する姿を見たいですね。

メジャーのみの通算は現在2722本。(2013年8月22日)次はメジャー3000本安打の達成を期待します。

TIL that when Ichiro Suzuki learned the Seattle Mariners were going to give him #51

イチロー 262のメッセージ
『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会
ぴあ
売り上げランキング: 1,583

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。