2013年08月25日 12:34

ナイスアイデアだと評判を呼んでいた「ドイツのレストランの子供向けメニュー」

 

ドイツのレストランの子供向けメニュー00
小さな子供連れでレストランに行くと、どんなメニューを選ぶべきか悩ましいところです。

ヨーロッパのとあるレストランで、ちょっとおもしろい子供向けの無料メニューがあると話題になっていました。

ドイツのレストランの子供向けメニュー01
子供向けのメニュー欄の一番最初は確かに0ユーロ、無料となっています。

どんな内容が書かれているかというと、
「Bandit Plate」(盗賊の皿)

説明が、
「お皿にナイフ・フォーク・スプーンがついてきます。両親のお皿から食べ物を取りましょう」

なるほど、お父さんお母さんのメニューから奪って食べるので無料なのですね。

1人前は食べきれない小さな子供だと、自分だけ注文してもらえずに不満を持つことがありますが、この方式なら満足してくれやすいのではないでしょうか。

このユーモアのあるメニューに対する、掲示板のご意見をご紹介します。

●クマのガーリック? クリームチーズ? ロケットサラダ? これらは何なんだ?

●ちなみにそのメニューにあるSlavia-Tortelliniはすごく美味しい。食後10分くらいは余韻にひたれるよ。 ドイツのレストランの子供向けメニュー03
(薄く伸ばした正方形の生地にラビオリのように詰物をして、それを三角形に折り、両端を合わせて指輪状にしたパスタ)

●メニューの内容が、いかにもヨーロピアンだ。

●特に小数点が点じゃなくてコンマなところも。

●(投稿者)↑そうだよ、これはドイツのフランクフルトの近くのレストランのメニュー。

●なんでドイツ語じゃないの?

●↑旅行者のために英語のメニューもあるんだよ。

●盗賊の皿 + 食べ放題バイキング = 最高のメニュー

●子供のときに行ったケープゴッド(マサチューセッツ州)のレストランと比較した。両親と姉たちがメインコースを頼んで、自分がみんなのお皿から取れるようにと、お皿を頼んだら、空のお皿は5ドルかかると言われた。ひどい店だ。

●子供が何かをゲットしていると感じるおもしろい方法だね。まだたくさん食べられなくて、親からちょっと分けて取りたい子にはちょうどいい。

●これ、うちの母親にもいいメニューだ。自分が7〜8歳を超えたときに母親とメニューを交換した。自分が大人のフルメニューで、母が子供のメニューになった。

●自分が撮ったドイツのレストラン、よくあるようだ。
ドイツのレストランの子供向けメニュー02

●これって大人も注文できるのだろうか。そして知らない人の皿からも取れるかなぁ。

ドイツでは小さい子供向けに割とよくある手法のようです。

たしかに各国で真似してもいいくらい、よく考えられたメニューですね。

The "Bandit Plate" - best kids food!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。