2013年09月06日 11:00

契約解除料なし、月額945円でネット使い放題、電話回線も付いて着信も通話もできる、激安スマホを実現する方法

 


実際に使ってみると、正直これで充分かも…?

普通に買うと月額6,000円前後がかかってしまう上に、2年使わないと高額の契約解除料がかかってしまう、今時のスマートフォン。便利は便利なのですが、そこまで支払ってまで使いたいかと言うと…悩んでしまいますよね。

ところがちょっと工夫をすることで、 月額945円、ドコモのLTE回線で500MBまでの高速通信+最大256kbpsでネット使い放題 、さらに 電話も着信もできて 、要らなくなったらいつでも好きな時に解約できる上に何の違約金もかからない、夢のようなスマホが持てるんです。

そこで、実際に月額945円のスマートフォンを契約し、その手順と使い勝手をまとめてみました。

激安スマホのカギは、楽天ブロードバンドLTE+SMARTalk

まず月額945円のスマホを手に入れるには、2つのサービスを併用する必要があります。


まずひとつは、楽天ブロードバンドが提供する「楽天ブロードバンド LTE」。これはドコモのスマートフォンやデータ通信端末で、 月500MBまで速度制限なし、500MBを超えても最大256kbps でデータ通信が使い放題になるSIMカード。月額945円で利用できます。

もちろん 解約はいつでも自由で、違約金もなし。 巷の携帯の面倒くささが嘘のような、シンプルさが清々しいですね…。詳細はこちら。

楽天ブロードバンド LTE


そして、通話機能を実現してくれるのが、最近Android用アプリがリリースされた、「SMARTalk」。

このアプリは、契約すると 基本料無料で050で始まるIP電話番号がもらえる上、 国内通話なら 一般的なスマホの半額以下の通話料 となる30秒8.4円で電話がかけられる上、留守番電話や 通話録音機能 まである優れもの。詳細はこちら。

SMARTalk(公式アプリ)|FUSION IP-Phone SMART

実際に月額945円スマホを試してみました

さて、実際に月額945円のスマホはどんなものか、実際に試してみました。


まずは、SIMフリー、またはドコモの、Androidスマートフォン本体を用意しましょう。機種変更で要らなくなったものがあればいいですが、なければ中古や白ロム(契約なし本体)で売っているものなどを用意します。LTE(Xi)対応機種だとベターです。

今回は、先日購入した白ロム、Xperia GX(SO-04D)を使用します。


続いて楽天ブロードバンドLTEにて、 「楽天ブロードバンドLTE 945円 エントリープラスプラン」 を申し込みます。SIMカードは標準サイズ、マイクロSIM、ナノSIMから選べるので、使用したい機種に合ったサイズを選びましょう。

ちなみにXperia GXはマイクロSIM対応でした。


申し込みから1週間程でSIMカードが到着。


これをスマートフォンに挿入し、同梱されている接続設定に書かれているユーザーIDやAPNを登録します。登録が終わったら、ブラウザを開いて適当なサイトを開き、接続できているか確かめましょう。


続いて、FUSION IP-Phone SMARTのサイトにて、IP電話契約を行います。契約にはクレジットカード番号が必要ですが、通話料以外に費用がかかることはありません。

契約すると、1時間ほどで050のIP電話番号とSIPコードが発行され、通話ができるようになります。


続いてGoogle Playから、SMARTalkをインストールし、契約したSIPコードとパスワードを入力。たったこれだけで通話ができるようになりました。

この月額945円スマホを完成させるのにかかった費用は、Xperia GXの白ロムが25,000円、楽天ブロードバンドLTE購入費の3,150円の計28,150円のみでした。

端末を購入したのでそこそこ初期費用はかかりましたが、余ってる端末があればこの費用はかかりませんし、何より月額945円で2年縛りや解約金など一切かからないことを考えると、かなり割安です。

使い勝手は…普通のスマホとほとんど一緒!

さて、実際に出来上がった945円スマホを使ってみました。


まずネット接続を試してみたところ、「楽天ブロードバンドLTE 945円 エントリープラスプラン」は月に500MBまでは速度制限なしでドコモのXi(LTE)回線を使えます。

実際にブラウザでらばQを見てみると、おお…さすが速い…!RBB TODAY SPEED TESTにて通信速度を測ってみましたが、下り4.66Mbpsとまずまずの速度が出ていました。


またあえて速度制限がかかるまで使ってから、ブラウザでアクセスしてみると、下り最大256kbpsともなると「ちょっと遅いかな〜」くらいのストレスで、あまり不自由しないかも…。またTwitterやfacebookなどのSNSメッセージングは快適に使えました。


またSMARTalkで通話を試してみました。このアプリの場合、あくまでIP電話「アプリ」であるため、スマホ標準の通話ボタンなどは使えません。しかしホーム画面の電話アイコンを消し、SMARTALKを代わりに置けば、特に違和感もなし。


試しにスタッフの携帯電話にかけてみると、若干遅れがあるかな…?とは感じるものの、会話をしてみると全然支障はなく、充分に実用的。音質もクリアだし、通話録音機能はついてるしで、むしろ標準の通話機能より便利に。


またAndroid版のSMARTalkは常駐しているので、スタンバイ中の着信もバッチリ。慣れてくるとまったくもって普通のスマホと変わりませんでした。

またSMARTalk同士なら通話料が無料になるので、友人知人にもインストールしてもらえば、通話料も殆どかからなくなりそうです。

家族用や仕事用、車専用など、使い道は色々!

使ってみた感じでは、フリーダイヤルや緊急電話など一部の電話番号に対応していない点や、SMSや携帯アドレスのメールが使えない、ドコモの端末の場合テザリングができない点(モバイルルータやパソコンでは可)では、キャリアのスマートフォンには劣る部分もあるのですが、通話、ネットに関してはもうスマホとしては必要十分でした。

またドコモの回線を使用しているため、エリアもバッチリ。月額945円という金額からは想像もできないクオリティ。何より解約云々の面倒くささが全くないのは魅力的ですよね。

これだけ安くスマートフォンを持てるとなると、緊急連絡用や、家族で使う車専用に積みっぱなしにしたり、子供用、メインの携帯がつながらない時の予備用としてなど、使い道もかなり色々。普段あまり利用しない人なら、メインとしても使えそうですね。

なお楽天ブロードバンドLTEエントリープラスプランの初期費用が3,150円なのは、9月12日まで。通常は4,200円なので、検討はお早めにどうぞ。

SMARTalk(公式アプリ)|FUSION IP-Phone SMART

楽天ブロードバンド LTE

 

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。