2013年09月18日 09:03

「さすがオーストラリア、鳥による被害も一味違う…」と感心されていた写真

 

オーストラリアの鳥害00
カラスがゴミを荒らすだとか、ハトがフンをまき散らすだとか、カモメが食品を奪い去るなど、鳥による被害は挙げるときりがありません。

もちろんどこの国でも困った鳥はいるのですが、「さすがオーストラリア、一味違う」と、ある鳥害の様子が感心(?)されていました。

どんな状況なのか写真をご覧ください。

オーストラリアの鳥害01
なんてカラフル!

困った鳥でもきれいなんですね。さすがは野生の王国オーストラリアと言ったところでしょうか。

ちょっと悪そうな目つきが気になるものの、それでもカラスやハトなどに比べると、色彩だけで目を楽しませてくれます。

実際のところ、この鳥たちはどんな困ったちゃんなのか、海外掲示板のコメントを確認してみました。

●みんなハトが大変だと思うだろ。ところがこいつらは恐ろしくうるさいんだぞ、見た目はきれいだけどね。

●彼らはヒインコと呼ばれている。オーストラリアでは普通にいる。
オーストラリアの鳥害02
ヒインコ - Wikipedia

●↑顔つきは確かに意地悪に見える。マルチカラーで生きた宝石のようだけど、喜んで顔を突いてきそうである。

●↑冗談じゃなくて、本当に突いてくるよ。ギャングに襲われたように突かれたことがあるが、めちゃくちゃ痛い。肉を引きちぎられなかったのはヤツらの慈悲だけど、今でもあざが残っている。

●このヒインコたちがうるさいって? (同じくオーストラリアに生息する)ワライカワセミに比べたらずっとマシだよ。うるさいなんてもんじゃない。
オーストラリアの鳥害03
ワライカワセミ - Wikipedia

●別の色をしたハトってわけね。

●このヒインコのフンに比べたらハトのフンの方がまし。ヒインコのはべたべたして、しかも狙っていろんなところに落すんだ。

●↑うちの町にいるオウムの集団がすごい困りものだ。まずとにかくうるさい。ハトみたいな優しい鳴き声ではない。人間の庭を荒らす。隣に住んでいたおばあちゃんは大きなひまわりを育てていたけど、ある日すごい叫び声が聞こえたので、父親が走って見てみると、オウムの集団が一斉にひまわりをむさぼっていた。父親とおばあさんでホースを使って水をかけたが、鳥たちはまったく気にも留めなかった。

●面白いトリビア。
花によってはヒインコは酔ったような症状になる。

●普段から酔っぱらってるように見えるぞ。

●オーストラリアの鳥なんだろう? じゃあきっと毒があるな。

●↑実際に毒を持つ鳥もいる。

●本当にこの鳥たちはうるさいよ。2羽くらいがちょっと鳴きはじめたかと思うと、一斉に集団で金切り声をたてはじめるんだ。

●ハトも大変だが少なくとも優しい鳴き声だ。ヒインコはうるさいどころじゃなく、自分が起きるべき2時間前には起こされる。

●元動物園で働いていたが、ヒインコはひどかった。うらやましがらなくてもよい。

●カラーが欲しいならハトにスプレーすればよいのでは?

コメントによると、見た目を裏切って相当ひどい鳥たちであるとのこと。野生のオーストラリア恐るべし。

楽しむのは写真だけにしておいた方が良いようです。

While I have to deal with annoying pigeons on my balcony, this is what my Australian friend gets

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。