2013年09月25日 09:00

学校の先生も大変だ…やんちゃが過ぎた生徒たちの「居残り罰」の理由いろいろ

 

学校の処罰理由00
欧米の学校では、やんちゃが過ぎると担当教師から“Detention”(居残り罰)が与えられます。

日付や名前の他に、どういった理由で罰が与えられたのかを記入したカードが渡されます。

その中でも、特におもしろい理由のものをいくつかピックアップして、ご紹介します。

1.
学校の処罰理由01
生徒名:匿名
居残り時間: 1:00〜1:30
理由:教師をマグル(ハリーポッター用語で魔法を使えない普通の人のこと)と呼んだので。

2.
学校の処罰理由02
生徒名:アンソニー
理由:立ちあがってシャツのボタンをはずし、下に着ているスーパーマンのTシャツを見せて「オレはスーパーマンだ」と授業の妨害をしたこと。

3.
学校の処罰理由03
生徒名:ダルトン・ダンカン
理由:ダンカンはカフェにキャスター付きのオフィスチェアに乗って入ってきた。監視員にオフィスにイスを戻すように言われた。すると足でイスをドアの外に強く蹴り出した。その数分後「カフェを占拠せよ」というサインを掲げて、カフェにマスクをして走って入ってきた。

4.
学校の処罰理由05
生徒名:ジェイコブ
理由:教室の真ん中でシャツを脱いで、「向かって来い」と別の生徒に怒鳴った。

5.
学校の処罰理由06
生徒名:匿名
理由:授業中に、猫の写真を使って他のクラスメートの邪魔をした。

6.
学校の処罰理由07
生徒名:コリン・ハンリー
理由:「YOLO(人生は一度しかないんだ)」と叫びながら教室でサンドイッチを投げた。

7.
学校の処罰理由08
生徒名:マリッサ・ブラックウェル
理由:自分はキリストの生まれ変わりだと叫んで授業を妨害し、別の生徒を聖書で叩いた。

8.
学校の処罰理由10
生徒名:ジョセフ
理由:シャツを脱ぎ、えんぴつを魔法の杖のように使い、「オレは魔法使いだ!」と叫んだ。

9.
学校の処罰理由11
生徒名:マット
理由:ジュースのボトルを飛行機のように飛ばしていた。

10.
学校の処罰理由12
生徒名:匿名
理由:あまりにナンセンスなことばかりを続ける。


以上、10人の子供たちの悪さでした。

おふざけや反抗に国境はないことはわかりますね。

The Most Hilarious Detention Slips Ever

週刊メロンコリニスタ
ニャロメロン
売り上げランキング: 5 位

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。