2013年09月26日 09:46

人間が渡ると罰金…ドイツで大掛かりな動物用の橋が建設

 

動物用の橋00
環境先進国として知られるドイツのシュルンベックという町で、高速道路を動物が安全に渡れるようにと、数百万ユーロ(数億円)を投じた大掛かりな橋が建設されたそうです。

人間の利用を禁じる徹底ぶりで、渡った場合は罰金を支払うことになるとのこと。

動物用の橋01
ノルトライン=ヴェストファーレン州にあるシュルンベックでは、過去10年にわたって高速道路上に動物専用の橋の建設をしようと、キャンペーンが行われてきました。

人間が作った道路や運河により、野生動物たちの自然な活動が制限され、そのことが病気の増加を招いたり、寿命の短縮につながっているとの訴えでした。

動物用の橋02
オープン3日目にして雄鹿が渡ったのを始め、その他の動物たちも続いているようです。橋にはカメラが設置され、すでにウサギやキツネやコウモリなども確認されました。

ドイツでは今後10年間に100以上の動物用の橋を建設する予定で、野生動物たちの往来がさらに盛んになることが期待されています。

人間が渡ることは禁じられており、守らない者には35ユーロ(5千円弱)の罰金が科されるそうです。

先進国の中でも環境意識が高いと言われる、ドイツらしい野生動物への取り組みではありますね。

Humans face fines for crossing animal-only bridges

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
1. 人間が渡ると罰金…ドイツで大掛かりな動物用の橋が建設  [ 他力本願 ]   2013年09月26日 09:57
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。