2013年11月01日 20:43

フワフワで暖かなあの毛糸…どんな動物のものか知ってる? 7種のまとめ

 

毛糸になる動物00
肌寒い季節になってくると、天然の毛糸のありがたみが増してきます。

動物繊維もいくつか種類がありますが、羊やアルパカといったメジャーなもの以外は、意外とイメージしにくいのではないでしょうか。

よく目にする暖かい毛糸がどんな動物のものなのか、7種のまとめをご紹介します。

1.
毛糸になる動物01
アルパカの毛糸。

毛糸になる動物02
ご存じ、もふもふした不思議な生き物。

毛糸になる動物03
いろんな毛色のアルパカがいますが白色以外は染色しにくいことから好まれず、他の色は絶滅の危機にあります。

毛糸になる動物05
最高級品質とされるのは生まれて初めて刈ったベビーアルパカと呼ぶとのこと。


2.
毛糸になる動物11
アンゴラの毛糸。

毛糸になる動物10
トルコ原産のアンゴラウサギ。

毛糸になる動物13
ウールの7倍暖かいそうです。


3.
毛糸になる動物15
モヘヤの毛糸。

毛糸になる動物14
トルコ原産のアンゴラヤギ。

毛糸になる動物16
ウールに比べ、ちくちくした肌触りがないのが魅力。欠点は抜けやすく、静電気が起きやすいこと。


4.
毛糸になる動物18
カシミアの毛糸。

毛糸になる動物17
中国北西部やネパール原産のカシミアヤギ。

毛糸になる動物19
毛が細く密度が高いが軽く、暖かく、上品な光沢もあり肌触りが良いとされ、その高価さもあいまって「繊維の宝石」とも呼ばれています。


5.
毛糸になる動物21
キヴィアック。

毛糸になる動物20
北米や北欧原産のジャコウウシの産毛。カシミアよりなめらかで細く、光沢があります。氷河期から生き残った最大の草食動物。


6.
毛糸になる動物23
キャメル。

毛糸になる動物22
中央アジア原産のフタコブラクダ。

毛糸になる動物24
太くてコシがあることから、コートや毛布などの高級素材に使われています。


7.
毛糸になる動物07
ウール(メリノ種)の毛糸。

毛糸になる動物08
メリノは優れた品質の羊毛を最も多く産出する、羊の代名詞的存在。

毛糸になる動物06
スペイン原産で、羊の中でも例外的に多くの羊毛を生む品種だそうです。


どれも暖かそうでニットの服が着たくなってきますが、天然の獣毛となると高価でなかなか手を出せないのがつらいところ。

毛が伸びるまで待ったり、抜け落ちたものを集めたりと、その苦労や手間を考えれば致し方ないところですね。

Here's To The Amazing Animals Who Give Us Yarn

アルパカ ティーフォーツー SAN1944
サンアート
売り上げランキング: 144,870

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。