2013年11月12日 21:58

感動レベルの力技…750年の歴史を持つドイツの教会を12km先まで丸ごと引っ越し

 

教会を丸ごと引っ越し00
ライプチヒは旧東ドイツ地域においてベルリンに次ぐ2番目に大きな都市。その近郊にあるホイアースドルフ村では、埋蔵されている石炭を発掘するため多くの住民が移転しました。

ところが問題となったのは、750年の歴史を持つ石造りの教会の存在。

そこで2007年に地元の炭鉱会社が300万ユーロ(約4億円)の費用をかけて、教会を12km離れたボルナ村まで運搬する一大プロジェクトが組まれました。

移動の模様をご覧ください。

1.
教会を丸ごと引っ越し12
周囲はすっかり整地され、残すはこの教会だけという段階。

さて、どんなふうに運んだのかと言うと……。

2.
教会を丸ごと引っ越し01
丸ごとそのまま!

3.
教会を丸ごと引っ越し02
750年もの間、村人から愛されてきた建物だけに解体はできなかったようで、形を維持したまま引っ越しすることになったのです。

4.
教会を丸ごと引っ越し06
これを搭載できる運搬車もすごい。

5.
教会を丸ごと引っ越し03
さあ、12km先のボルナ村へ向かって、出発進行!

6.
教会を丸ごと引っ越し05
重さで路面が傷つかないように、板が敷いてあるようです。

7.
教会を丸ごと引っ越し04
対向車線も目いっぱい使って、12kmを1週間かけてのゆっくりした旅。

8.
教会を丸ごと引っ越し10
村人たちも興味津々です。

9.
教会を丸ごと引っ越し11
なんと電線が邪魔なので、電信柱を切断して上に引っぱり上げてます。

10.
教会を丸ごと引っ越し09
目的地の村に入ってきました。

11.
教会を丸ごと引っ越し07
建物の間を縫うように通っていきます。

12.
教会を丸ごと引っ越し08
うわっ、ギリギリ!

13.
教会を丸ごと引っ越し13
こちらが移転先。土台のコンクリートを敷いているようです。

14.
教会を丸ごと引っ越し14
やってきました!

15.
教会を丸ごと引っ越し15
ついに到着です。

16.
教会を丸ごと引っ越し16
そしてきれいに改装されました現在の姿。

もともとこの場所にあったかのように、すっかり新しい街並みに溶け込んでますね。

New Home for an Old Church

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。