2013年11月27日 12:29

アカデミー賞に選ばれたのは何歳のとき?…男女の年齢別グラフが話題に

 

アカデミー賞の年齢別受賞グラフ00
世界的に最も有名な映画賞であるアカデミー賞。毎年アメリカで公開された映画を対象に、キャストや制作スタッフが表彰されます。

役者として最高の栄誉である、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞ですが、過去の受賞者たちは何歳のときに受賞したのでしょうか。

男優賞・女優賞の年齢別グラフが話題となっていたのでご紹介します。

アカデミー賞の年齢別受賞グラフ01
主演女優は一目瞭然で21〜35歳の枠が一番多く、主演男優は幅広く年配者の比率も高いようです。

一方、助演女優は年齢が比較的幅広くなっていますが、助演男優はさらに顕著で、むしろ高齢者の方が多いほど。

ある程度予想されていた結果かもしれませんが、こうしてグラフに出されると、いろいろ思うところも出てくるのではないでしょうか。

海外掲示板のご意見をご紹介します。

●簡単なことだよ。
1.女性に生まれる
2.21歳まで脇役をする
3.35歳まで主役をする
4.性転換をする
5.50歳まで主役をする
6.また脇役に戻る
7.オスカー像に囲まれながら死ぬ
悪い人生じゃないと思う。

●↑ステップ1ですでにつまずく人々がいるな。

●↑オプションでステップ1に性転換を持ってくるという手もある。

●やってはいけないこと。レオナルド・ディカプリオになる。

●↑ジョークはわかるが、レオはまだ38歳だ。まだ主演男優の確率が高い年齢にいて、まだ12年もある。このシンプルなグラフを見ると、なぜ彼がまだ賞を取れていないのかも驚きではないね。

●ステップ1、メリル・ストリープになろう。(3度受賞)

●女性の年齢への偏見というのはどれくらいなんだろう。若い女性に主役がよく与えられ、男性は長いキャリアがある。

●映画製作において、最初の何十年間(30年代、40年代、50年代など)は男性優位な時代だった。男性はどんな年齢でも雇用されやすかったのに比べると、女性は若い女優だけが主役を手にすることが出来た。現在では年配の女性にもっと機会が訪れている。多分このグラフは最近の20年についてやればかなり違う結果になったと思う。

●↑今でも男性優位と言えば男性優位だけど。

●↑そうだね、30歳以下で主演女優賞を受賞した女優を10年ごとに区切ってみた。
1920年代: 1名
1930年代: 5名
1940年代: 5名
1950年代: 4名
1960年代: 5名
1970年代: 1名
1980年代: 2名
1990年代: 2名
2000年代: 3名
2010年代: 2名

●やっぱりそれでも男性に比べたら、40歳以上の女優に主役はつきにくい。

●人気映画で50歳以上の女優が主役の作品っていくつある?

●おもしろいね。男女の間にそんなに年齢差が出ると思っていなかったよ。

●よし、オレはまだいける。

商業的に人気の出やすい作品となると、若い女優が主役に選ばれやすいのは必然なのかもしれません。

さて、次の受賞者が楽しみですね。

Oscar Winners by Age

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。