2013年12月06日 11:21

1つの卵に2万の穴! 職人技によって作られた「卵の殻アート」いろいろ

 

卵の殻アート00
卵の殻を使って小さな飾りを作るアーティストがいます。

根気よく殻に小さな穴を開けていくという手法で、少しでも間違えると壊れてしまいます。

1つの卵に2万個の穴を開けたアートをご覧ください。

卵の殻アート01
精巧さの極致と言える、このすばらしさ!

これを作ったのは73歳になるスロベニア出身のフランク・グロム氏で、もう18年ほどイースターエッグの殻を使っては、装飾品を作り続けているのです。

卵の殻アート05
見ているだけで気が遠くなりそうな、繊細な技術を要することがわかりますね。

卵の殻アート02
小さなスロベニアの町で育ったグロム氏は、このアートの才能を仕事にしようと思ったことはなかったと語り、この精巧なアート職人として新しい人生を歩み始めたのも定年後だったそうです。

卵の殻アート04
しかしながら、この卓越した才能から注目を浴びるまで時間は掛かりませんでした。

殻には何千もの穴を電気ドリルで根気よく開け、1つの卵に何か月も時間をかけることもあると言います。

卵の殻アート06
中から光を照らすと、より神秘的に。

卵の殻アート03
今までに300個以上を手掛け、元アメリカ大統領のビル・クリントン氏もコレクターなのだそうです。

第2の人生でこれほどの才能を開花させるというのも驚きですね。

Insanely Intricate Cut Carved Eggshell Art by Franc Grom

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 1つの卵に2万の穴! 職人技によって作られた「卵の殻アート」いろいろ  [ 希望は残っているよ。どんな時にもね。 ]   2013年12月09日 11:43
http://labaq.com/archives/51811756.html らばQ
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。