2013年12月09日 09:00

3次元の空間を駆使したアートはここまできた…不思議な感覚につつまれる壁画

 

3Dキャンバスに描かれたアート00
特定の位置からだと立体的だったり浮いてるように感じる、錯視アートを見たことがある人もいるかと思いますが、フランスのアーティスト“George Rousse”氏による作品はひと味違います。

不思議な感覚に包まれる壁画をご覧ください。

3Dキャンバスに描かれたアート01
いったい何がどうなっているのか、わかるでしょうか。

カラフルな四角いエリアとまわりの殺風景さの強烈なコントラストが、違和感をより大きなものにしています。

まるで別の建物の写真を正方形に切って、ここに貼りつけたかのように見えますが、あくまで建物内部に直接色を塗りつけているだけだそうです。

見れば見るほど不思議な感覚に惹きこまれると、海外掲示板も盛り上がっていました。

●誰か、これの間違ったアングルからの写真は持っていないのかな。ほら、ひとつの見方としてさ。

●↑間違った見方をどうぞ。
3Dキャンバスに描かれたアート02

●↑間違いぶりが足りないな。

●↑もっと間違っていて欲しい。

●↑ちょっとピントがあってないがこれを見つけた。
3Dキャンバスに描かれたアート03

画像検索をすると、いろんな角度のものが出てくるよ。
3Dキャンバスに描かれたアート04
3Dキャンバスに描かれたアート05

●フランスのアーティスト、George Rousse氏の作品だよ。他にもサイトにいろいろある。
Georges Rousse Art

●見てるだけでくらくらしてくる。

●しばらく見ないと、どうなっているかわからなかった。

●ビデオで少しずつ右に行くところや左へ行くところが見てみたいな。

●まあすべての絵は、3次元のキャンパスに描かれているけどね。

その他の作品も、実に面白いものばかりですね。

メイキング映像はこちら。

BENDING SPACE: Georges Rousse and the Durham Project - Trailer - YouTube

以前ご紹介した、こちらもどうぞ。
まるで浮いてる…ワクワクしてくる錯視アートいろいろ

Art Painted on a Three Dimensional Canvas

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。