2013年12月17日 12:32

がん治療中の妻を笑わせたいから…ピンクのチュチュを着て写真を撮り続ける夫

 

ピンクのチュチュを着る夫00
ボブ・キャリーさんは、妻リンダさんが乳がんであるとの診断を受けたとき、人とは違う行動に出ました。

治療中の妻を笑わせるため、ピンクのチュチュを着て写真を撮ることにしたのです。

ピンクのチュチュを着る夫01
チュチュを着た夫のボブさん。

ピンクのチュチュを着る夫02
プロの写真家であるボブ・キャリーさんは、もともとはバレエの資金集めのために始めたそうですが、妻のリンダさんが乳がんであることが発覚。

ピンクのチュチュを着る夫08
それからは抗ガン治療を続ける妻を笑わせるために、この活動を続けているそうです。

ピンクのチュチュを着る夫06
すべては愛する妻の気分を上げるため……ただ笑顔が見たいために。

ピンクのチュチュを着る夫03
飛ぶボブさん。

ピンクのチュチュを着る夫07
2人は1986年に初めてデートして以来ずっと一緒にいるそうで、彼女の乳がんを聞いて、ボブさんはセルフ・セラピー・モードに入ったと語っています。

ピンクのチュチュを着る夫04
寒い日も、雨の日も、雪の日も、めげずにチュチュで写真を撮り続けたそうです。

ピンクのチュチュを着る夫05
劇場でのボブさん。

ピンクのチュチュを着る夫09
踊るボブさん。

ピンクのチュチュを着る夫10
木に登るボブさん。

ピンクのチュチュを着る夫11
壁を登るボブさん。

ピンクのチュチュを着る夫12
牛とたわむれるボブさん。

あまりに人気が出たので、2人は乳がんチャリティの一環として「チュチュ・プロジェクト」と名付けたアルバム本を制作し、すでに5000冊のうち3000冊が売れたそうです。

リンダさんはチュチュを着た夫の写真を携帯で見せることで、患者仲間も笑わせることができたと伝えています。

ピンクのチュチュを着る夫13
彼の行動が何をもたらしたかは、リンダさんの表情がすべてを物語っているかと思います。

映像はこちらをどうぞ。

The Tutu Project's Story Told in Germany by Deutsche Telekom (Long Version) - YouTube

Man has travelled the world clad in pink tutu to make his cancer-suffering wife smile

中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて
波野 好江
集英社
売り上げランキング: 321

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(10)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。