2013年12月24日 09:05

感心されていた「包装紙もリボンもないときのプレゼントの工夫」

 

包装紙もリボンもないときの工夫00
日本ではプレゼント用に包装サービスをしてくれるお店が多いので、あまりラッピングのことを気にする必要はありませんが、欧米ではほぼ自分でラッピングしなくてはいけません。

「たまたま包装紙とリボンがないときに、こういう方法が使われていた」と、感心されていた画期的な方法をご紹介します。

包装紙もリボンもないときの工夫01
あれ?

きれいに包まれているし、リボンも付いているのでは?

……と思いきや、よく見ると包装紙でラッピングされたように描かれているのがわかるでしょうか。リボンやプレゼントに添える手紙まで、すべてなのです。

誰にでも出来るテクニックではないかもしれませんが、海外掲示板ではナイスアイデアだと絶賛されていました。

●むしろ本当の包装紙より良い。

●↑賛成。プレゼントが中に入ってると思う。

●↑こんな結果なら、自分も誰かにやってもらいたいな。

●↑いったい箱には何が入ってるんだろう。

●↑同じくめちゃくちゃ気になる。

●包装紙に包まれているだけで、それを捨てるのがもったいないと思う私は、こんな風に届いたら、もうどう扱っていいかわからない。

●似たような手を使ったことがある、自分の場合はリボンがなかったので、即席で作った。
包装紙もリボンもないときの工夫02

●自分の場合、人の絵さえ棒だというのに。

●うちの弟は、いつだったか母親へのクリスマスプレゼントを新聞紙で包み、「技術ではなく、愛情で包んだ」と書いていた。

●これはペーパーがプリントされたプレゼント?

●自分はアルミホイルで包んでるよ。

むしろ包装紙よりも、手作りならではの愛情が感じられ、ひと際印象に残るプレゼントとなったのではないかと思います。

No wrapping paper, no problem, says my brother.

ラングスジャパン(RANGS) 室内用お砂遊び キネティックサンド 1kg
ラングスジャパン (2013-10-10)
売り上げランキング: 1

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。