2014年01月14日 12:20

「人間の身体について、驚くようなことがあれば教えて」 興味深い回答いろいろ

 

人間の体が出来ること
自分の身体についてよく知っているつもりでも、意外と知らないことが多いものです。

「人間の身体に関する知識で、これはすごいと思えることを教えてください」と海外掲示板に投稿がありました。

興味深い回答を、抜粋してご紹介します。

●実は動物界において、われわれ人間が最強の長距離ランナーである。持久狩猟と呼ばれる狩猟法で、動物が力尽きるまで何キロも何キロも走って追いつめることが出来る。

●↑じゃあフォレスト・ガンプは非現実的でもなかったんだな。

●人間の体内には、人間自身の細胞よりもバクテリア(細菌)の細胞のほうが10倍も多い。

●神経が刺激を受けると、脳との往復をおよそ時速270kmで伝達していること。

●↑もっと速く考えないと。

●腫瘍は、歯、髪の毛、骨にできることがあり成長する。目のようなさらに複雑な器官や、胴部、手、足などにも、まれにできる。

●↑今日寝たかったら検索するのはやめよう。

●ひたい部分の1インチx1インチほどの間に、800万のバクテリア(細菌)がいる。

●妊娠中の女性が心臓発作などの器官の損傷を受けると、胎児が幹細胞を損傷器官に送り修復を始める。

●妊娠の3分の1は流産する。ただしかなり早期なので気づかない場合がほとんどである。

●人間の体内の血液を全部吸ってしまうには、120万匹の蚊が必要である。

●大半の身体的な健康は後天的なものである。新陳代謝によって作り替わるまでに6か月かかる。

●心臓はポンプ式ではなく、心臓そのものがよじれる。

●使わない器官があるということ。

●カフェインは覚醒させるわけではなく、眠いという気持ちを抑えるだけである。

●プラシーボ効果。心が効くと決めれば効く。偽の手術で良くなったと患者に言うだけで良くなるケースがある。
偽薬効果 - Wikipedia

●身体の強さは脳がリミッターとなって、筋肉が損傷するのを防ぐ役目をする。アドレナリンが分泌されると、そのリミッターを取り除く。

●人から噛まれるとほとんど感染する。

●顔が赤くなるとき、胃の裏側も赤くなっている。

●手は、思われている以上に繊細な動きのコントロールが出来る、限界があるのは視力の方である。

●指には筋肉がなく、腱だけであるということ。

解明が進むにつれてますます神秘的な人の体。私たちが知らないことは、まだまだあるのでしょうね。

What's the last fact you learned about the human body that blew your mind?

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。