2014年01月24日 11:00

標準の電話よりはるかに高機能…維持費ゼロで通話料60%オフの050IP電話「SMARTalk」の、知っておくべき10のメリット

 


無料でこれだけ便利って凄すぎない…!?

維持費用や加入料は一切なしで、通話料が30秒8.4円とスマホ通常プランより通話料が約60%も安くなるIP電話「 SMARTalk 」。その手軽さと安さが話題になっていますが、実はスマホ標準の電話機能よりはるかに便利な使い方がたくさんあることは、あまり知られていません。

そこで一般的なスマホの通話と比べて何がどれだけ便利なのか、4ヶ月ほど使ってみて知った、便利な10のメリットをまとめてみました。

SMARTalkとは?


まずさらっと説明しておくと、SMARTalkはデータ通信を利用するスマートフォン用のIP電話アプリ。

このアプリを使えば050で始まる電話番号が与えられ、 一般的なスマートフォンの通話プランより約60%も安い30秒8.4円で通話できる という、携帯料金の節約には欠かせないアプリ。

もちろん登録、解約、月額も一切かからず、この何のデメリットもなく通話料だけが安くなる手軽さが人気を呼んでいます。

SMARTalk(公式アプリ)|FUSION IP-Phone SMART

しかし安さばかりが話題になりがちなSMARTalkですが、実はこれ、通常のスマホの電話よりはるかに便利なメリットがたくさんあるんですよ。

1.携帯とは別の電話番号を無料で持てる


このSMARTalkは050で始まる電話番号のIP電話で通話するアプリのため、無料登録と同時に今使っているスマホとは別の電話番号を1つもらえます。

そしてもちろん050番号は着信もできるので、SMARTalkを入れたスマホは、元々使っていた携帯電話番号と050のIP電話番号の2つが着信できる状態になるのです。

これにより、例えば親しい人には自分の携帯電話番号を、アンケートやwebでの入力には050のIP電話番号を…という使い分けも可能に。

休日仕事の電話に悩まされる人なら、仕事周りの人には050の番号を教えておき、休日は着信をオフにしておく…なんて使い分けもいいですね。

2.海外でも着信・通話ができる

またSMARTalkはデータ通信を利用するので、国境を越えてもデータ通信さえ確保できれば、日本と変わらず利用できます。


これは先日タイに一人旅行に行った時の話ですが、空港でデータ通信7日間使い放題、いくらかの通話料が含まれたプリペイドSIMを買ったのですが、何しろSIMカードの説明書も不十分で、日本への電話のかけかたも通話料もまったくわかりませんでした…。


何かSMSが届いたと思えば …タイ語で読めないいぃぃ! このあまりに無理すぎる洗礼に、さすがに絶望させられましたよ…!


しかしデータ通信が有効になると、SMARTalkに「着信可能」の文字が!そして実際にタイから日本に電話をしてみると…まったくもって普通に電話ができるんですよ!もちろん着信もOKです。

しかもタイで使っていても日本国内の回線として扱われるので、国番号をつけることなく、 日本と全く同じ使い勝手で日本に電話できるんです。

この時はSIMフリースマホ+プリペイドSIMのデータ通信を使いましたが、ホテルや空港、街のフリースポットのWi-Fiでも、インターネットにさえ繋がれば通話できるのがめっちゃ手軽で、しかも料金は日本で使うのと同じ。
※利用回線のポート・プロトコル制限などににより通話できない場合もあります

右も左もわからない初めての海外一人旅で、日本と全く同じように電話が使えることが、どれだけ不安に満ちた気持ちを安堵させてくれたことか…。

もし海外旅行に行く機会があるなら、SMARTalkは万一の時のために入れておいた方がいいですよ。

3.いつもの携帯への着信を海外で受けられる

またネットさえあれば海外で普通に通話も着信もできるので、日本で普段使っている携帯電話を050番号に転送設定しておけば、相手に海外にいることを意識させずに着信が可能に。

この場合、050番号への転送料金が携帯電話会社側で発生しますが、料金は通常の30秒20円(スマホの一般的な料金プランの場合)だけ。

海外に行く前にちょっと転送設定をしておけば、海外旅行中でも大事な連絡を取り逃すことがありません。

4.海外にもかけられる・現地のお店に電話も可能


また海外32カ国にもかけられるので、日本から海外に電話するのはもちろん、海外旅行中に、現地のお店に電話をかけることもできるんですよ。しかも通話料は 日本国内にかけるより安い、30秒8.0円。

かけかたは、最初に010と国番号を入れてから、現地の電話番号を入れるだけ。かけられる国の一覧は、 こちら から確認できます。


また現地に電話する場合は、SMARTalkのマイページで 「国際電話設定」 を有効にしておくのも忘れずに。どこにかけようが30秒8円の定額なので、海外に行く人は開通時に有効にしておくといいですよ。

国際電話サービス | FUSION IP-Phone SMART

5.050番号を複数取得・同時に使える

個人的には大ヒットだったのがこの機能。SMARTalkはIP電話番号の複数登録に対応していて、同時に全番号を使えるんですよ。


アプリではタブの長押しで、発信に使う電話番号の選択が可能。また登録した番号は個別に着信可能・不可を切り替えられるので、多くの人から電話がかかってくる人には、スマホ1台でいくつもの電話番号の使い分けができるんです。

ちなみに電話番号の取得は、1枚のカードで1回線目は無料、2回線目以降は500円がかかりますが、 クレジットカードを何枚も持っている人ならカード枚数分だけ無料で番号を取得できます。

いたずら電話に悩まされた時などにはその番号だけ無効にしたり、webに公開する専用の番号を用意したりなど、複数の電話番号を使えるメリットって色々あるんですよ。

またちょっと変わった利用方法としては、1年間に1回以上の利用で年会費無料!なんてクレジットカードを安価で維持するにも便利です。

6.SMARTalk同士なら通話が24時間無料

また、SMARTalk同士では通話料が無料に。

携帯電話には同じキャリアなら通話料が無料というプランもありますが、親しい人を同じキャリアに揃えるなんて無理だし、MNPで キャリアが変わっているのを知らずに、無料だと思って長電話をすると地獄を見るリスク が怖いんですよね。

また携帯の料金プランでは21時〜1時は有料なんて特例もあって、プライベートの利用ではちょっと使いにくいのも困ったところ。


しかし親しい人にSMARTalkを入れてもらえば、キャリアがどこだろうが関係なし。安心して長時間の通話が楽しめます。また無料通話の場合は、発信時に「無料通話」と表示されるのも親切ですね。

7.携帯回線のないスマホやタブレットでも電話番号を持てる・無料の家電にも


また家にある3G(携帯電話回線)に対応していない、iPod TouchやiPad、Androidタブレットでも、SMARTalkを入れてWi-Fiやモバイルルータに接続すれば、電話として利用できるようになります。ちなみにこれはNexus7。
※ヘッドセットまたはハンズフリーでの通話となります。


使ってなかったiPhone 4sもこの通り。

機種変更して余ったスマホや、家で使っているタブレットなどに気軽に電話番号を持たせることができるので、 電話会社のややこしい契約に縛られることなく、維持費ゼロで気軽に電話回線を割り当てる事ができるんです。 余った端末が、子供や家族用、自宅・オフィス用の電話として活躍するのは、思いの外便利なんですよ。

ただし、050番号は0120(フリーダイヤル)や警察や救急などの特殊な電話番号には対応していないので、その点はご注意を。

8.留守番電話メッセージがメールで届く

一般的なスマホの留守電は、いちいち留守電確認番号に電話をして、長ったらしくゆっくり話すアナウンスを聞きながら、プッシュボタンをポチポチ…もう時間の無駄だし急いでる時だとイライラするんですよね。


しかしSMARTalkなら、050の留守番メッセージはマイページで設定したメールに添付して送ってもらうこともできるので、確認も聞き直しもスルーも簡単。一度これに慣れると、もうキャリアの留守電はじれったくて使う気になれないんですよ…。

9.ネット環境がないときは転送設定で携帯への転送も

SMARTalkはデータ通信を利用するため、インターネットに接続できない環境では発信も着信もできないのがデメリット。これが理由で、メインの電話番号に使いにくいな…と最初は思っていました。


しかし転送設定をしておけば、SMARTalkで着信できなかった時には携帯電話で受けることが可能に。しかも転送料金はSMARTalkの通話料と同じで30秒8.4円と安いんですよ。

10.時間制限なしの通話録音機能で通話記録を残せる

そしてSMARTalkで超便利なのが、通話録音機能。


通話中に録音ボタンを押すだけですぐに通話を録音できるうえ、スマホの保存容量が許す限り録音できるので、例えば契約説明の電話や商談など、 後で言った言わないのトラブルが起きがちな通話を気軽に録音しておけます。

ちなみに私は昔、とあるサービスのお得なキャンペーンの電話を受けてそのまま契約したら、電話の話と全然違う…なんてトラブルがあったのですが、結局証拠なしで泣き寝入りになってしまったんですよ。

あの時通話を録音していれば…と思えど時既に遅し。ちなみに相手が録音していても不利な場合は出してきませんから、防衛策として自分で録音するって大切なことなんですよ。

 

いかがでしょうか。もうかなりお腹いっぱいな感がありますが、維持費なし、通話料60%オフでこれだけのメリットを提供していると考えると、ちょっと凄いですよね。

とりあえず維持費も登録料もかからないので、クレジットカードとスマホを持っている人なら、入れておかない手はありませんよ!

SMARTalk(公式アプリ)|FUSION IP-Phone SMART

 

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。