サイエンス / zeronpa / URL
2014年01月25日 18:53

もしアンドロメダ銀河が明るかったら…夜空はこんな風に見える

 

アンドロメダ銀河が明るかったら00
われわれの住む銀河系に最も近い銀河として知られるアンドロメダ銀河

地球から約240万光年も離れているため、夜空を眺めても薄ぼんやりとしか見えず、大きさを認識できている人は少ないかと思われます。

「もしアンドロメダ銀河の輝きが強かったら、夜空はこう見える」と、月と比較した画像がありましたので、ご覧ください。

アンドロメダ銀河が明るかったら01
美しい!

アンドロメダ銀河が明るかったなら、こんなに存在感があったのですね。

アンドロメダ銀河が明るかったら02
拡大したもの。

アンドロメダ銀河が明るかったら03
実際の夜空はこんな感じなので、暗い場所から観察しないと見つけるのは難しいようです。

ちなみにアンドロメダ銀河は、われわれの銀河系(天の川銀河)の2〜2.5倍ほどの直径があり、肉眼で見える最も遠い物体でもあるとのことです。

アンドロメダ銀河:直径22〜26万光年
銀河系(天の川銀河):直径8〜10万光年
アンドロメダ銀河 - Wikipedia

Stargazing spectacular: Andromeda Galaxy versus the Moon

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。