2014年02月24日 20:05

なんてスケールなの…42万本のマッチ棒と3年をかけて作った「ロード・オブ・ザリング」の要塞都市

 

42万本のマッチ棒で指輪物語00
J・R・R・トールキン原作の映画「ロード・オブ・ザ・リング」(指輪物語)のクライマックスシーンでは、最終決戦の場となった巨大な要塞都市が登場しますが、なんとこれをマッチ棒で再現したアーティストがいました。

42万本のマッチ棒と3年を費やした超大作をご覧ください。

1.
42万本のマッチ棒で指輪物語01
こちらは映画に登場する要塞都市「ミナス・ティリス」。
(映像:Gandalf Ride To Minas Tirith - YouTube

これを42万本のマッチ棒で再現すると……

2.
42万本のマッチ棒で指輪物語02
ドーン!

すごい……マッチ棒とは思えないボリューム。

3.
42万本のマッチ棒で指輪物語03
身長をはるかに上回る高さ。手がけたのはアイオワ州のアーティスト、パット・アクトン氏。

4.
42万本のマッチ棒で指輪物語04
近づくと、窓などの細部まで緻密に作られていることがわかりますね。

5.
42万本のマッチ棒で指輪物語05
ごつごつした岩壁の部分さえも、マッチ棒の形状を上手に活かしてあります。

6.
42万本のマッチ棒で指輪物語06
アクトン氏は1977年に大学を卒業して以来、マッチ棒に関わる仕事をしてきたそうで、その知識・経験を惜しみなく注いでいるとのこと。

7.
42万本のマッチ棒で指輪物語08
こちらは製作途中のもの。

支えるために、24000個の木製のブロックを使用しています。

8.
42万本のマッチ棒で指輪物語07
サイズやボリュームだけでなく、小さな建物ひとつひとつに愛着を感じますね。

Minas Tirith of Lord of the Rings made from 420,000 Matchsticks

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。