2014年03月03日 12:20

もしかして天才!? 「猫の手を借りる方法を思いついたよ…」電気を消すのが面倒くさいときのアイデア

 

猫の手の借り方00
猫はかわいい動物ですが、犬のように直接的に役に立ってもらおうと思っても、なかなか思い通りに動いてはくれません。

しかし、「電気を消したいけれど座ったまま何とかしたい」というときに、猫の手を借りる方法を思いついた人がいました。

その具体的な手法をご覧ください。

猫の手の借り方01
おお、とてもうまくいきそうな予感。

跳躍力が必要ですが、この方法だとがんばってくれそうですよね。

レーザーポインタの光が大好きな猫の習性を活かしたナイスアイデア、運動不足まで甲斐性されて一石二鳥です。

実際にこれがうまく機能するのかは猫次第ですが、写真のポーズからすると、いけるんじゃないかと期待してしまいます。

とにかく自分が動かずに済む方法を考えるときの、人間の知恵に感心するしかありませんね。

海外掲示板の反応をご紹介します。

●ぜひgifアニメを作って欲しい。

(投稿者)がんばってみるよ。

●自分はこの画像を開けて、動き出すのを45秒ほど待った。

●うちの猫そっくり。

●ライフハックのスレでいいと思う。

●そうか、あと自分に必要なのは、猫だけだったんだ。

●そして猫がヒットするとき。
猫の手の借り方02

↑なんて威厳があるんだ。

●光の粒子を、スイッチの上の方に溜めて消す仕組みかと思った。

●猫によっては、2時間後も同じ状態だと思う。

●なんてすばらしい方法なんだ。自分の場合は、そばの服を投げつけて、それが引っかかってスイッチが切れないかなとがんばり、投げる服がなくなって、しかたなく自分で起き上がって消すという結末になる。

●レーザーポインターと猫が好きだよ。100m先の通り向かいに友達が住んでいた時、週に1回ほどその部屋のブラインドにレーザーポインタを当てていた。すると猫は猛烈にブラインドに攻撃するんだ。彼が引っ越すときにそのことを言うまで、いったい何が起きてるのかまったく気づいていなかった。

スイッチをもう少し出っ張ったものするといいとか、ソフトタッチのボタンだと一発で効果があるとか、工夫次第で便利な猫の応用ができそうではあります。

How I shut the light off when I'm feeling lazy.

Yazawa レーザーポインター LPB2401BK
Yazawa
売り上げランキング: 270

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。