2014年03月19日 12:11

こんなの見たら心臓が止まる…「飛行機の窓から外を覗いたら、こうなってた」という1枚

 

飛行機で怖い体験00
旅客機は自動車よりも安全だと言われていますが、ひとたび事故が起きれば重大な結果を招くだけに、精神的な不安は大きいものです。

とにかく無事に目的地に着いてくれればいいと思うものですが、「フライトの最中にこんなことがあった…」と、窓から撮影された写真が話題を呼んでいました。

飛行機で怖い体験01
えっ……うわあ。

これは怖いなんてものじゃない!

右翼の板がごそっとなくなっています。いったいこのパーツはいったいどこに行ってしまったのでしょうか。

投稿者によると、このあと飛行機全体が揺れ、みんな縮み上がっていたとのこと。そりゃそうですよね。

海外掲示板では、これを見ていったいどの飛行機だったのかなど、いろいろ質問が出ていました。

●いったいこのあと、どれくらい飛ばなくちゃいけなかったんだい?

(投稿者)幸運にもそう長く飛ばずに済んだ。これはフロリダ州のオーランドからジョージア州のアトランタまでのフライトで、ちょうど中間くらいで起きた。ずっと「この飛んでいった上の部分はどこに行ったのだろうか」と想像して、「海の上だといいんだけど」と思った。

↑フロリダの北? だったら水の上だね。少なくとも重要な陸地ではなく、最悪のケースでもアルマジロの家族がひどい目に遭うくらいかな。

↑オーランドからアトランタまでなら、間に水がないじゃないか。最悪のケースはアルマジロの家族とキャンパーがひどい目に遭う。

↑いや、たっぷりあるよ。オケフェノキー・スワンプ(湿地沼)があるから。

↑ちょっと待て。進路変更して一番近くに緊急着陸せずに、飛び続けたのかい?

↑アトランタが一番近い適当な空港だったのかもだ。オーランドとアトランタの間にそれほど大きなフィールドはないんだ。特に緊急対応できるようなのはない。

↑自分はジャクソンビルに着陸されるくらいなら、死んだほうがましだ。
ジャクソンビル (フロリダ州) - Wikipedia

●たぶん見ためよりそれほど重大なパーツではないんだよ。車でいうとバンパーが飛んだ程度かもしれない。

↑そうさ、翼の一部だもんな。たいしたことないよな。飛ぶのに使われるだけだもんな。

↑軍と民間の両方で20年ほど航空メカニックをしているが、これは重大だよ。パネルが飛んだということはメンテナンスの欠陥だ。ねじがしっかり締められてない。パネルをきっちり設置できてない。そうなると他にどんな欠陥があるかわからない。たまたま乗客も乗務員もこのパネルなしで安全に飛べているが、これがメカニックの怠慢で方向舵がゆるくなっていたとしたら?

●自分だったらIKEAの本棚を作ってねじが1個余っただけで、パニック起こすよ。それが飛行機だとどんなことになってるんだと想像する。
メカニックA:「おい、ジョー、このねじはいったい何なんだ」
メカニックB:(肩をすくめて)「さぁ? きっとスペアだよ。ほら、失くしたときのためにさ」

●こういうときに、もっとスコッチを頼むんだろ。

↑「おい、禁酒するには間違った週を選んだぞ」

●どのタイプの飛行機?

(投稿者)ボーイング757だよ。

●翼ひとつじゃないか。もう一つあるさ。

空の上では決して見たくない光景ですね。

いずれにせよ、無事で何よりでした。

What's the weirdest thing that you've seen at someone's house that they thought was completely normal?

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。