2014年03月25日 09:31

「飛行機を輪切りにすると、断面はこんなことになるのか…」感心されていた1枚

 

飛行機の断面00
飛行機の座席表も断面図になっていますが、あれは水平に分断したものを上から見た想像図となっています。

では、飛行機を輪切りのように切ったなら、その断面はどんな具合になるのでしょうか。

エアバスの実物の写真が話題を呼んでいました。

大きな画像
飛行機の断面01
座席の下側はこんな状態になっていたのですね。

こうした断面図(横断面)を、英語ではクロスセクション“cross section”と呼ぶそうです。

機体はエアバスA300ではないかとのことですが、なかなか興味深いと海外掲示板にいろいろな意見が出ていました。

●この写真を見なかったことにして、外壁はもっと分厚いものだと自分に思い込ませることにする。

↑フライト中に窓の外を見ながら思うのは、高度1万メートルの外側は死の世界だということ。そして外へ吸い込まれないために、たった2枚の薄いプラスチックシートが間にあるだけだってこと。さらにそのシートの1つは、最初から穴が開いているということ。

↑間違っているかもしれないが、外側のはガラスだよ。そして小さな穴は曇らないようにするためじゃないかな。

↑気圧のバランスをとるためだよ。

●この写真はミュンヘンにあるドイツ博物館のもので、世界最大のサイエンス&テクノロジーの博物館なんだ。何週間も見てもまだ全部見きれない。(ソース:3週間ほどいた)

●自分にとっては、その博物館が存在することで他の博物館が死んだね。クオリティだけでもすばらしいが、多様性の点でも訪れる価値はある。自分が訪ねた時の写真2枚。
飛行機の断面02
飛行機の断面03
2時間だけ寄ったときに撮ったものだが、もっと何日も滞在したかったよ。彼女が町を見たがったのが理由だけど、それでも失望はしなかったよ。

●コンテナの右側は、寝ている顔のように見える。
飛行機の断面06

●ふむー、あんなに足場のスペースが…

●今日僕は、スーツケースが1個ずつではなく、ボックスタイプのカートに載せられることを知った。

↑飛行機にもよるよ。中には山のように直接積んでいくものもある。

●自分の個人的な体験を反映して、写真を変えてみた。
飛行機の断面04
(ピンクが彼女の荷物、ブルーが自分の荷物)

●違う飛行機だが、一般的な構造を示した写真。
飛行機の断面05

空の便をよく利用していても、基本構造まではなかなか知る人は少ないようです。

気圧や機体が受ける抵抗を考えると、素人目に「外壁がこんなに薄くて大丈夫?」と映るのは仕方のないところですが、重量や薄さに関わらず外壁の強度はかなり高いとのことです。

Cross section of a commercical airplane

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。